トップページ | 2005年12月特別例会 »

2005年12月11日 (日)

HGS2005年12月例会報告

2005年12月例会報告

プレイされたゲーム

  • レイルロード・タイクーン
  • Paths of Glory
  • 君主論

プレイの内容

 今回から、例会報告はブログに書くことにしました。
というのも、アップロード出来るファイル容量が段違いなので
写真を加工せずにUPできるのです。

サムネイルが普段は表示され、クリックすると全画面が表示される仕様です。
全部手作業でやる必要がないので、私みたいな不精者にはありがたい機能です。

PC110896

写真は、レイルロード・タイクーン。

最近、HGSでやっている、荷物運びをするドイツゲームの
PCゲーム版です。
ただ、このゲーム、借金によるVP減少が他のシリーズに比べて
非常に小さく、カードの効果も巨大なので、ちょっと展開が
大味になる嫌いはあるようです。
地図も、拡大写真を見ればわかるとおり、かなり巨大で競合もなにもないですし。

午後からは、君主論をプレイ。
PC110898

こちらは、マキャベリ時代の君主になって都市を立て
名誉を争うゲームのようです。

プレイ時間もかなり短く、考えさせる要素もけっこうあって楽しめました。

同時に別卓でプレイされていたのがパスグロ。

PC110899



初心者のインストプレイなのですが、序盤の手加減と
セコンドが入ってからの行動(とはいえ、西部が崩壊仕掛けていた時に
中東で攻勢に出るよう進めただけですが)でバランスがとれて
時間切れで終わったのが惜しい展開になってました。

中東ではYLD軍がMED軍を救出してコンスタンティノープルを攻略に出かけ
一方の東部戦線は完全に崩壊し、西部戦線では、ヴェルダンとナンシーを落としているものの
バルカン戦域では協商軍の逆襲を受けていたのです。
はちゃめちゃですが…VP的にはいい勝負だったのです。

感想

30年戦争をプレイした人からちょっとした意見を聞きました。
曰く、パスグロ以外のカードドリブンだと、カードイベントをプレイする楽しみがない。
そうかもしれません、状況を有利にするためにイベントをプレイするけれど
そのイベントによってだんだん戦争が激しくなる、という感覚が味わえる
ゲームは、パスグロしかありません。
そういう感覚を味わうことが、カードドリブンの醍醐味とするなら
そういうゲームはないわけですから。

大抵のカードドリブンでは、イベントカードとして使うと二度と帰ってこない分
使うだけ損だったりするわけです。
むしろ、下らないカードをデッキからなくすためにイベントとして
消費していく、という、何か間違ったプレイになるようです。

それはそれとして、別なおもしろみもあるようにはおもうのですけどプレイしたことがないので
論評は避けることにします。

でも、一つだけ言わせてください。
さいの目修正の効果は、与える最大打撃を増やすことより
むしろ予想外の敗北をさける効果だと思うのです。
10面体を振るからこそ、低い目をさける必要があるように思うのですけど。

|

トップページ | 2005年12月特別例会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156118/7575454

この記事へのトラックバック一覧です: HGS2005年12月例会報告:

トップページ | 2005年12月特別例会 »