« 4月例会報告 | トップページ | 2006年5月GW例会初日 »

2006年4月30日 (日)

4月特別例会(GW準備例会)

プレイされたゲーム

  • GBクルスク(SPI/6A)

プレイの内容

 今日は、GWにプレイする予定の、GBクルスク6Aバージョンの練習プレイだったのです。
練習プレイということで、シナリオは7月シナリオ。オプションルールは一切
入れないことにしてプレイしました。

練習と言うことで、初期配置もソ連軍担当の即興によるものになりました。

P4301030



リゴフ方面が手薄になってますがその分他の地域が強固になってます。
私の前回のプランよりも改善されていて、大河川沿いの防衛線は
かなり合理化されてます。ソ連軍でプレイする場合には、取り入れるつもりです。
ちなみに、私は中央軍集団担当でした。

さて、写真をみてもらえればわかるとおり、このゲームの定石と言われる
オーバーランによるリゴフ挟撃→クルスク突進案を発動します。
強力きわまりないオーバーラン攻撃によりソ連の防衛戦を楽々と突破するドイツ軍。

一方のソ連軍は、通常モードを使っての2ヘクス退却を用いて損害を出さないようにし
それによって戦略予備軍の投入を避ける、けちけち作戦を使って撤退していきます。

予定通り第一ターンにリゴフを攻め落としたドイツ軍は第2ターン以降
地道に…というよりは、大規模に退却したソ連軍を追ってクルスクの外郭陣地に到達。
ここからSS装甲軍団と第48装甲軍団と第41装甲軍団と第47装甲軍団
要するにドイツの総力を挙げたクルスク突入作戦が開始されます。
対するソ連軍はクルスクにハイスタックをかき集めて防衛を固めます。

その分他の戦線がおろそかになっていたので、ドイツ南方軍集団担当は
史実でケンプフ軍支隊が実行した東方突破作戦によってソ連軍の予備兵力を
吸引、撃破を試みます。

一方、第2装甲軍戦区~攻勢に出る第9軍の裏側~では
ドイツが採用した「3歩下がって2歩前進」のローテーションディフェンスによって
ソ連軍は地道にではあるが着々とオリョールへ向けて前進します。
一方のドイツ軍は、1ターン1ヘクスの割合で予定通りの退却を実施していきます。

#ローテーションディフェンス:前線を形成するユニットの後方にユニットを貼り付け、ZOCで戦闘後前進を1ヘクスに制限する防御法

こうして、オリョールでは着実な前進、クルスクでは血みどろの殴り合い、そして
その両翼での着実なドイツ軍による掃討作戦が最終ターン直前まで続きました。

が、ここで、最終ターンになって、クルスク攻略担当、中央軍集団司令部が
ルールの盲点に気づきます。

このゲームでは、6戦力あればオーバーラン攻撃が出来ます。
そして、コラムシフトは左端まで行けば左端の0戦力以下の欄で解決します。
そして、このCRT、たとえ左端、最低コラムで攻撃しても、防御側が
4ステップ以下にまで消耗していれば5/6の確率で損害を出させることが出来
逆に攻撃側の損害は2が平均なのです。

これを使って、ドイツ軍は1装甲師団ごと順番にオーバーランを実施することに変更。
着実にステップロスを喰らわせてクルスクを陥落させることに成功します。(万歳!)

が、これは、ソ連軍プレイヤーにも同じ事が出来ると教えてやったような物でした。
ソ連軍も、クルスクにいるドイツ軍相手に同じ連続オーバーラン攻撃を実施。
この戦術でクルスクを奪回したところでちょうどゲームが終わりました。

感想

”これだけドイツ軍が強いのなら史実案でもクルスクに行けるんじゃないか”と
思えてきます。
5ステップスタックでも、まず最大火力で叩き(防御側はまず3損害を出すことになる)
ここから連続オーバーラン攻撃をたたき込めば戦線に穴が空くことは確実ですから。

そこをなんとかするのがソ連軍の腕の見せ所なのでしょう。
史実よりドイツ軍を強力にして、ソ連軍に緊迫感を与えているデザイン手法にも思えます。
もっとも、史実通りにしか突破できないデザインをしても誰も面白いとは思わないでしょうが。

南方だけにゲームを限ればまた話は違ってくるのでしょう。
案外、南方だけを、PGGかオペレーションタイフーン、あるいは
ヴァハト・アム・ラインのシステムで普通にデザインするのが
一番クルスクらしくなるのかもしれませんね。

作戦研究をもう少しやってみないと、なんとも言えないわけですけど。

|

« 4月例会報告 | トップページ | 2006年5月GW例会初日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156118/9835888

この記事へのトラックバック一覧です: 4月特別例会(GW準備例会):

« 4月例会報告 | トップページ | 2006年5月GW例会初日 »