« 2006年GW例会(最終日) | トップページ | 2006年6月例会報告 »

2006年5月21日 (日)

2006年5月例会報告

プレイされたゲーム

  • 1830
  • 積み木のアフリカ戦(COL)
  • オンスロート(??/CMJ)
  • アップフロント(AH)

プレイの内容

 今日はGW例会疲れなのか立ち上がりの集まりが悪く
午前中は4人で1830をプレイしてみました。
今回、私は健全な会社経営にこだわって優良配当会社を4社作ることに成功。
もちろん、キャピタルゲインはほとんど無いので、銀行破産までプレイしていたなら
たぶん勝ってないはずです。
たちまち、私の作った会社の多くが、他人に配当を与える仕事をしてましたし。

昼からは、積み木のアフリカ戦を、物は試しでプレイしてみました。
とりあえずルール習熟のために1940年シナリオをイギリス軍を受け持ってプレイ。
ひたすら撤退しまくるイギリス軍をマルサ・マトルーまで追撃してきたイタリア軍に
イギリスが全力で正面から殴りかかるやり方でイタリア軍を粉砕。
なにかが間違ってる気がしましたが、気を取り直して、1941年、ロンメル登場シナリオをプレイ。

このゲーム、ユニットが移動するには補給カードが必要です。
補給カードは1度に3枚まで使えます。そして、その補給カードにも
当たりと外れがあって外れカードを引いてしまうと、補給がこなかったことになるのです。
補給カードが当たりだったかはずれだったかは相手にはわからないので
手持ちの補給カードではったりを効かせることも出来るわけです。

さて、ドイツ軍、補給カードがまともに来なかったらしく、ベンガジを落とすのにも
苦労してなんとかトブルク前面にやってきます。
ここで、私がルールを見落とすおおぽか。
補給は沿岸道路沿いなら無制限に伸びると思っていたのですが
なんでも一度道路を切れると、もっとも「短い」補給拠点間隔で
つながねばならなくなるらしいのです。
説明しますと、沿岸道路沿いには無限大の補給線が引けますが
沿岸道路から奥に補給をつなぐには、一定間隔で
ユニットを置いておかないと補給線が切れるというわけ。

イギリス軍は、補給をいきなり切断されてしまったのです。
しかたないので孤立したトブルクから、包囲部隊の方へむけて万歳突撃。
補給が切れるよりましだアタックをくわえたところ、なんと、アリエテ戦車師団を
まぐれで撃破することに成功!
逆にドイツが補給切れになりかけたところで、一旦ゲームを打ち切りました。
(ルールがおかしいというわけです)

今度は、ドイツ軍を受け持ってプレイ開始。
自分で犯した間違いは繰り返さないように前進、イギリス軍もほぼ
史実のような防衛体制を組んできます。
ドイツ軍は、砂漠の真ん中のオアシスに偵察隊を派遣して
イギリス軍を牽制しつつトブルクを包囲。
説明すると、オアシスは1ユニットだけ補給下で維持できるので
敵を牽制することが出来るのです。

さて、国境線を固めるドイツ軍相手にイギリス軍はバトルアクス作戦を開始。
これに対し、ドイツ軍は全力で防衛隊を送り込みます。
それを見たイギリス軍、トブルクから出撃して背後からドイツ軍を崩壊させようとします。
しかし、突撃した場所に陣取るドイツ軍の方が強力で突撃部隊を撃退。
バトルアクス作戦で進撃してきた部隊もドイツ軍の援軍に粉砕されてしまいます。

ここで、ゲームを終わらせました。

オンスロートは、見てないのでよくわかりません。かなり盛り上がっていたようです。

アップフロントは、ルール習熟のためのステップアッププレイの続きでした。

感想

積み木の北アフリカ、やっぱり何かがどこか間違っているゲームになってるようです。
とにかくドイツ軍が強い。その割にイギリス軍に機動力があるので
動けないドイツ軍をフットワークでかき回すイギリス軍という
何かが間違ったプレイになってしまいます。

地雷源を作ればダブルディフェンスになるのですが
ドイツ軍が十分な補給を持てばイギリス軍は
エル・アラメイン以外どこでも守りようがない有様。

これが、逆に、エルアラメインに立てこもるとドイツ軍といえど
手も足も出なくなるのです。
…何かが、根本的に間違っているように思います。

北アフリカ戦のゲームは多々あるのですが、北アフリカキャンペーンは
なかなか「らしい」ゲームが見あたらない物です。
私が思うに、史実のドイツ軍は、ゲーム中のドイツ軍ほど「強く」はなく
イギリス軍が「鈍重」だったのが問題であるようにおもうのですけど。

|

« 2006年GW例会(最終日) | トップページ | 2006年6月例会報告 »

コメント

 はじめまして。積み木大好きの水池です。
 私の大好きな積み木のロンメルに関する感想を発見!
 嬉しくて、コメントにやって参りました。

 プレイヤーの感想はひとそれぞれなので、正しいとか間違っているとかではなくて、まさに感想なんですが、私は、このゲームはとてもよく雰囲気が出ていると思っています。(^^)
 ま、多少、「何かがどこか間違っているゲーム」というのは否定しませんが、どんなゲームもモデル化される過程でなにかしら切り捨てているんですから、まあ。

 で、私的に感じているのは。史実通り、ドイツ軍が強い。しかし燃料/兵站はイギリス軍が余裕。その通りだと思います。ですから、ドイツ軍はよく考えてプレイしないと燃料不足でやりたいこともできません。それはロンメルが抱えていた問題そのままでしょう。

 また「エル・アラメイン以外どこでも守りようがない有様。」というのは、史実もそうなんですから、当たり前だと思うんですけど。あの砂漠で他に守れる場所等なかったんですから。逆にアフリカ戦線物のゲームで戦線をはれるゲームはインチキだと思っております。

 「これが、逆に、エルアラメインに立てこもるとドイツ軍といえど手も足も出なくなるのです。」
 確かに、厳しいですけど、手も足もでないということないですし、そもそもその状況なら、たいていドイツは勝利条件をほぼ満たしているはず?ではありませんか?(トブルクを落とさず、エルアラメイン防衛線を突破するつもりで来ているならドイツ軍必敗の態勢?ですし。あ、それもあるか。)

 「私が思うに、史実のドイツ軍は、ゲーム中のドイツ軍ほど「強く」はなくイギリス軍が「鈍重」だったのが問題であるようにおもうのですけど。」
 その見方は一理あります。しかし、それは相対的な問題かも知れませんね。

 気を悪くされたらごめんなさい。
 


投稿: 水池 | 2006年5月21日 (日) 23時37分

水池さんと積み木のロンメルをやったkenです。
このゲーム、マップが狭いところでは横5ヘックスし
かなく、抽象度が高いゲームだと思います。
その割り切り方に馴染めるかどうかで評価が分かれる
ような気がしますが、自分にとって、終わった後でもう
一度やりたくなるゲームのひとつでした。

個人的には、ドイツ軍にどうしてアンディマグナムも
びっくりの最強偵察ユニットがあるのか不思議でした。
(それで補給を切られたのです。)

投稿: Ken | 2006年5月23日 (火) 13時21分

確かに、積み木のロンメル、悪くはないです。
少なくとも、佳作以上名作未満の砂漠のDAKよりはましです。
(あれこそドイツ軍無敵のゲームです)

「ドイツ軍は補給不足だった」というのを
私は大いに疑ってるというのはあります。
いくらマルタ島があるからといって
距離を考えれば枢軸側の方がイギリス側より
受け取る補給の総量は上回ってます。
それを、人数では多いイタリア軍と折半するのですから
相対的にドイツ軍は補給が潤沢に与えられることになります。
(人数割りしたときに、です)

では、なぜドイツ軍は補給不足だという話になるのか?
ロンメルが要求するような機動をやれば
アメリカ軍だって補給不足になるでしょう。
(現にパットンは四六時中補給不足でした)
北アフリカ軍団だって、補給不足になるのです。
ドイツ参謀本部が想定していたような戦い方を
ロンメルがやっていれば、ドイツ軍には十分な
補給があったはずです。

キレナイカ奪回どころかトリポニタニア防衛で
手一杯だったでしょうが。

あと、積み木のロンメル、クルセイダーが
成功するかしないかが勝敗を分けるという意味では
正しいシミュレーションだと思います。
そこに至る過程が何か間違っていると思うだけで。

もう一点、私はコメントについて気を悪くしたことはないです。
自分は書きたいように書いて、他人にはその権利を認めないのは
二重基準と言って悪ければ利己主義ですから。

投稿: ウィリー | 2006年5月23日 (火) 20時26分

HGSに積み木のロンメルを持ち込んだ出本です。
積み木の本場、北海道からコメントが頂けたのは嬉しいですね、ありがとうございます。
このゲーム、広島ではHGS例会以前に出本・ちゃうちゃうの両名が対戦し、40年・バトルアックス・エルアラメイン追撃のシナリオを攻守を変えてプレイしました。 
対戦後の個人的な感想としては、「非常に魅力的であるが、今ひとつ洗練度に欠ける・・・」と言うものでした。 今回のウイリーさんの例会報告にはこの時の僕の意見も加味されていると思うので、ちょっとその辺の所も付け加えさせてください。
 僕が、洗練度に欠ける、積み木シリーズにしては練りが足りないのではないか? と感じた事は概ね以下のような点です。

1.ターンオプション
このゲームではフェイズプレーヤーは4つのターンオプションを選択できるようになっています。 しかし、実際のプレイでは強襲ターンは殆ど選択される事がありませんでした、防御側が必ず先制射撃を行えるこのゲームではリスクが高すぎると判断されたためです。 また、ターンオプションを提示する際、裏面でカードを提示しブラフをかける事も、ゲーム中では些か意味が薄いよう感じます。 恐らく実際に有効なのは電撃ターンを選択すると見せ掛けて、通常・強襲ターンを選択する場合であると考えますが、それすらも、電撃・強襲を意図する場合、予め戦力を集結させておく必要がある事からそれ程効果的に作用するケースはまれでした。 (空の補給カードを混ぜる本当の理由は17枚の手札制限を満たすための捨て札化ではないでしょうか?)何より、相手の意図を読んだ処で非フェイズプレーヤーに選択できるのは戦闘回避を宣言するか、否か?  それだけなのです・・・ 

2.へクスサイド制限とスタック制限
マップサイズからすると、このゲームにスタック制限が無いのは妥当な事に思えます。 しかし、このゲームではそれ以前の積み木シリーズのシステムを踏襲する形でへクスサイド制限が設けられています。
これは、小規模な戦闘であればハルハヤ峠の戦い等を再現するのにうってつけだと思われますが、大規模な部隊同士の決戦わ再現する場合、防御側の先制射撃と相まって決定的なまでに攻撃側を不利にしていると思うのですがどうでしょうか? 勿論、これは半ばデザイナーの意図する所かも知れません。 プレーヤーに大兵力をぶつけ合う決戦指向を捨てさせ、相手の補給線を狙った機動戦を試みさせるためです。 確かに、「それこそが北アフリカ戦!」と言うのは理解できますが、そうした大胆な迂回機動を許さない地形、即ちエルアラメイン峠での戦いはどうでしょうか? 
僕はちゃうちゃう氏と「エルアラメイン追撃」をプレイした折、何とか大きな損害を出さず初期配置の部隊を後退させ増援と合流し3へクスのエルアラメイン峠に堅陣を引いたものの、僕は途方に暮れてしまいました。 ドイツ軍はトブルクを手中にしています。 確かに英軍はユニット数で勝るもののドイツ軍ユニットを1.5個として数えては2倍を上回る事など出来ません。 史実ではロンメルはアレキサンドリアを目指した無謀な攻撃を行い弱体化し、モントゴメリーの反撃の前に敗れ去りますが、ドイツ軍プレーヤーがそんな二の轍を踏んでくれる筈がありません。 何しろ現状を維持するだけで勝利条件を満たしているのです・・
 ドイツ軍がまめに再編成を行って堅陣を引けば英軍が総力を挙げて攻撃したところで自殺行為でしかありません。
水池さんが仰る通り、英軍はエルアラメインに押し込められ時点で既に敗北しているのです! 
しかし、英軍に他に一体、どうしろと云うのでしょう?
(デザイナーはこのシナリオを1度でもプレイした事があるのか?)

3.除去ユニットが再編成できないのに本当にキャンペーンが出来るのだろうか?
 北アフリカ戦と言えば長いシーソーゲームをイメージすると思うのですが、勝利条件がユニット数であるにも関わらず、除去ユニットが再建できない、このゲームで果たして最後までキャンペーンをプレイする事が出来るでしょうか? 補給を立つ事で相手を一網打尽に出来るこのゲームでは、しばしば、決定的な程のユニットの大量除去が発生します。
 除去ユニット数と後の増援を計算すれば、概ね勝敗が決してしまう・・・
その程度の事でゲームを諦めてしまうのは私だけでしょうか?

4.ドイツ軍ユニットがイタリア軍ユニットより数が多い・・・
この点は、広島の全プレーヤーで意見が一致しました。 
一般的なイメージでは、数は多いが頼りに成らないイタリア軍、少数精鋭のドイツ軍と云うのが世間一般では無いかと思います。 こんなにドイツ軍ユニットがうじゃうじゃいるのでは積み木(ブラインドシステム)でプレイする意味が無いじゃないか!

とまあ、こんな感じで「ロンメルインザデザート」、出本としては積み木シリーズ中、唯一、余りパッとしない印象を受けたのですが・・・
(とは云え、まだ捨てた心算はありません、ちゃうちゃう氏とはいずれ再戦する事で話が決まっていたりします)

投稿: 出本 秀明 | 2006年5月23日 (火) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156118/10174959

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年5月例会報告:

» 積み木のロンメルについて [積み木の老親衛隊]
 広島のゲームサークルの方が「積み木のロンメル」をプレイした感想を書いているのを発見。  やった!あのゲームにコメントがあるぞ!と見に行ったのですが。  「積み木の北アフリカ、やっぱり何かがどこか間違っているゲームになってるようです。」  という感想でした。ショボ〜ン(--;  感想はひとそれぞれ、見方や考え方、感性もちがいますから、しかたがないですねえ。  私としては、北アフリカのあの戦いに関し完璧とは言いませんが、とてもよく雰囲気を出しているナイスなゲームと思っていたので、ちょっと残念でした... [続きを読む]

受信: 2006年5月22日 (月) 00時06分

» 積み木のロンメルの諸問題について [積み木の老親衛隊]
 広島ゲームサービスのブログに於ける、出本さんのご質問に関して、私の見解を述べます。 ○強襲について  強襲のルールを使わないと、ドイツ軍はなかなか勝てません。私が連合軍をプレイする時には、トブルク要塞を地雷原とし、マチルダをいれます。通常、マチルダは2ヒットしないと消えませんが、地雷原なので、一度の攻撃で4ヒットしないと消えません。4ヒットするためには、ドイツ戦車を24戦力以上集める必要がありますが、通常それは困難です。  というわけで、血を吐く思いをして強襲を選択し、一撃でマチルダをつぶさな... [続きを読む]

受信: 2006年5月24日 (水) 01時04分

« 2006年GW例会(最終日) | トップページ | 2006年6月例会報告 »