« 2007年12月例会報告 | トップページ | 2008年1月例会報告 »

2008年1月 6日 (日)

2008年1月特別例会報告

プレイされたゲーム

  • izumoバルジ(同人)
  • BftA(SPI)
  • 関ヶ原(EP/SS)
  • レイテ湾強襲(GJ)
  • 姉川・長篠(GJ)
  • バトルライン
  • 信長最大の危機(GJ)
  • ハンドレッドデイズ バトル

プレイの内容

 私は今回一日中izumoバルジのテストプレイに
付きっきりだったので、一体他でどんなゲームが
プレイされていたか全く知らないのです。
 バトルラインとハンドレッドデイズ バトルは
最近うちの定番ゲームになってます。
個人的には、ハンドレッドデイズ バトルは
「どこがナポレオン戦争やねん」という気がするのですが
普通にゲームとしてみた場合には、十分楽しめるもの
であるようです。UFOを「どこが宇宙戦争やねん」と
言って非難するような立場に立たないのであれば
よい作品であるのかもしれません。

レイテ湾も、よくプレイされます。プレイしていて楽しいゲーム
なのは間違いありません。

逆に、長篠は、終わってる作品扱いされてました。
武田軍が逃げまくって勝利、では、終わってる作品扱い
されても仕方ないだろうと思います。

関ヶ原と、信長最大の危機は、本当に何が起きてたのか
知らないのでノーコメントとさせていただきます。

izumoバルジは、またルールが変わっていました。
こちらは感想の方に回します。

感想

izumoバルジ、またルールが変わってました。
今までのルールで悪いことはないのですが、ドイツ軍の
進撃路が固定されすぎる、ということで、もうすこし
ドイツ軍の進撃路を増やすべくルール改定し
代わりに連合軍の防御能力を増してあります。

が、結果として、連合軍の反撃速度が上がって
全体の流れは大差ない、ということになってしまいました。
考えてみれば当たり前で、史実からかけ離れたことが
起きないよう調整すれば、史実からかけ離れた結果は
出てくるはずがないのです。
 ドイツ軍は史実より進撃することは可能です、が
連合軍の増援が史実と同じペースで登場する以上
史実よりも長い期間、攻勢には出られません。
無茶した分だけ、連合軍の反撃が強烈になるだけのことです。
 では、進撃をあきらめたら?ドイツ軍の損害が少ない分
連合軍の損害も少ないわけです。連合軍がたっぷり
主導権を握って反撃してくるだけの話なのです。

 私個人の考えを言えば、タイフーン作戦のゲームが
ドイツ軍がモスクワに行けなかった所で終わる必要がないように
バルジゲームも、ドイツ軍の攻勢が頓挫したところで終わる
必要はないと思うのですが、どうもこの考えには賛同者がないようです。
 41年冬期戦のように、ドイツ軍がサドンデスで勝てなければ
連合軍をアルデンヌに引きつけて戦うゲーム、で悪くないと思うのですけどね。

|

« 2007年12月例会報告 | トップページ | 2008年1月例会報告 »

コメント

ウィリーさん、こんばんは~ヽ(´ー`)ノ
アヴァランチの「American Triumphant」が、1月半ばまでやる「引き付けバルジ」に近いかもしれません(´∀`)
でもこの作品は1ターン/1日で、引き付けるところまでやると冗長ですが…( ̄▽ ̄;)
「Tigers in the Mist」みたいなマルチインパルスなシステムで1ターン/5日程度のスケールでしたら、適切な「引き付けバルジ」になっていた気がします~ヽ(´ー`)ノ♪

投稿: ハナザー | 2008年1月 6日 (日) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156118/17600236

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年1月特別例会報告:

« 2007年12月例会報告 | トップページ | 2008年1月例会報告 »