« 2008年2月例会報告 | トップページ | 2008年4月例会報告 »

2008年3月16日 (日)

2008年3月例会報告

プレイされたゲーム

  • クレヨン鉄道引きのオランダもの(タイトルは例によって忘れました)
  • Thunder at Cassino(AH)
  • オンスロート(CMJ)
  • ユニオンvsセントラル

プレイの内容

とりあえず、人数が集まるまでということでプレイしたのが
クレヨン鉄道引きシリーズの一つ、オランダの鉄道建設。
このゲーム、オランダに鉄道路線を引いていって
会社を儲けさせ、その儲かった金を配当として受け取って
一番お金を稼いだ人が勝ち、というもの。
ポイントは、一筆書きすらゆるされない一本道線路が要求される線路引きと
交渉抜きで、どこに線路を引くかプロットする腹の探り合いでしょうか。
このゲーム、わたしは最初に線路引きカードを間違えて出すすばらしい失敗を
やらかしましたが、序盤の株式購入でのリードを保ってなんとか逃げ切りました。

ユニオンvsセントラルは、展開がどうなったのかよくわかりません。
妨害合戦で全然線路が先に伸びてなかったそうです。
オンスロートは、時間切れだったみたいです。

サンダーアットカッシーノ。アルンヘムシステム2作目です。
イニシアチブシステムが実質形骸化していて、連合軍は
イニシアチブを手放すことは「絶対」をつけてないでしょう。
かわりに、絨毯爆撃ルールとガレキルールが地形を毎回
変更してくれて、ゲームに多様性を生み出してくれます。
今回はインストプレイということで2ターンまでを2回プレイしました。

カッシーノ僧院を目指す牽制攻撃と、市街地をぶち抜く
正面攻撃、そして側面からカッシーノの街をとろうとする
搦め手と3正面に圧力を加える連合軍と
それに対応する必要のあるドイツ軍の読みあいが必要なあたり
やっぱり、アルンヘムシステムはプレイしていて楽しいものです。

---

感想

アルンヘムシステムの2作目、サンダーアットカッシーノ。
話には聞いていたのですが、プレイするのは初めてです。
VP獲得が、各ターンではなくターン終了時になっているので
焦って突撃する必要があるのが、アルンヘム市街地の
「優勢」だけでVPを確保できる防衛ライン部分だけに
なっていること、そして、絨毯爆撃ルールとガレキルールで
ドイツ軍の初期配置にも、連合軍の攻撃パターンも
第一ターンから「決めて」がない、バリエーションの
大きいゲームです。
いずれ、最終ターンまで通してプレイしてみたいとは思います。

|

« 2008年2月例会報告 | トップページ | 2008年4月例会報告 »

コメント

記事読んで「Thuder at Cassino」プレイしたくなりました〜ヽ(´ー`)ノ
でも積み残しの山で、いつになる事やら…(^o^;)

投稿: ハナザー | 2008年3月17日 (月) 19時59分

今回、「Thunder at Cassino」を連合軍としてプレイして、経験の差でやや連合軍優勢の状況で推移しましたが、それでも最終ターンまでに僧院の山頂エリアを確保するのは難しいのが、実感でした。連合軍としては、山頂狙いつつ、市街地早期占領しつつ、山頂付近の勝利エリア確保が勝利の近道と思います。
 それでも、連合軍が勝利するのは難しいゲームですね。 

投稿: 魂コレクター | 2008年3月17日 (月) 23時16分

確かに、連合軍プレイヤー的には
死守防衛線のボーナスVPとはべつに
エリアの4VPが欲しいぐらいですね。

せめて、失われた1VPが市街地マップのどこかに
あって欲しいのが実感です。
カッシーノ僧院に突入したら1VPとかないんだろうか?

投稿: ウィリー | 2008年3月18日 (火) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156118/40527244

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年3月例会報告:

« 2008年2月例会報告 | トップページ | 2008年4月例会報告 »