« 2010年7月第2例会報告 | トップページ | 2010年8月第2例会報告 »

2010年8月15日 (日)

2010年8月第1例会報告

プレイされたゲーム

  • 18FL(フロリダが舞台の18XXシリーズ)
  • 1891(広島が舞台の18XXシリーズ)
  • スターリンズウォー(GMT)

プレイの内容

 今回は、お盆の中日、ということで、集まりはそれなりでした。
そんな中、メインイベント? でプレイされたのが18FL。
フロリダが舞台の18XXシリーズです。
初心者向けをめざして制作された、そうなのですが
ゲームの実態はいろんなギミックが盛りだくさんで
初心者向けとは言い難い出来になってました。
デザイナー自身、それは認めてるそうです。
 マップ自体は狭く、線路の引き方もほとんど決まり切っているために
その点は、初心者向けの名残は残ってます。個人企業の数もすくなめで
特別能力も社長であれば使えると、このあたりもわかりやすさ優先です。
が、初心者向けに見えるのはそれくらい。
 大規模会社と小規模会社の別があって、最初はどの会社も
小規模会社でスタートし、後で大規模会社に進化するとか
株価の上がり方が配当額によって決まるとか、いろいろと
ギミックなルールが入っているのです。
わからないままプレイが進み、結局ホテル(小都市に配置できるボーナスポイント)を
生かしたプレイヤーが勝利してました。

 スターリンズウォー、レニングラード攻略作戦を発動したまではよかったものの
さいの目が腐りきっていて全然進捗しなかったそうです。
ソ連軍の分厚い壁の前に、ドイツ軍は冬の時点で立ち往生してたように見えました。

 1891の展開についてはわかりません。私は途中で帰ったんです。

感想

 18FL。初心者向けを目指して、小さな難物に仕上がってるあたり、往年の
SSシリーズを思い起こさせます。小さなゲームにゲーム的なおもしろさを
盛り込もうとして、結局初心者にはついていけない、複雑なゲームに
なってしまうというのは、洋の東西を問わないみたいですね。

全然関係ない話。

 War for the Motherlandの、改訂ルール案でバルバロッサシナリオを
ソロプレイしてみました。補給線ののび方が、従来より押さえられていることと
KGユニットのZOCが弱体化されていることにより、1ヘクスに軍団規模の
部隊を集結しなければソ連軍の離脱を許すこととが相まって、ドイツ軍の
戦力集中が妨げられています。その分41年のソ連軍は守りやすいでしょう。

 もっとも、冬期にドイツ軍が攻勢に出る問題は、解決されてないように思います。
結局、ドイツ軍が41年~42年の冬期に攻勢に出るのは、ドイツ軍プレイヤーが
史実を~42年の夏が終わるまでしか攻勢モメントが維持できないということを~
知っているが故に、ソ連軍がなお弱体な41年冬の期間を無駄に過ごせない、という
事情が大きいのです。夏に補給線が十分に伸びないために
ドイツ軍は攻撃もあまりしておらず、このため、ドイツ軍には
冬期に攻勢に出るだけの余裕が残っている、というのも
攻勢に出られる理由の1つではあるのですが、これは
攻勢に出ることが出来る理由ではあっても、有力な戦力で
冬を防御でのりきろうとはしない理由にはならないのですから。

 まあ、一度プレイしただけの感触なので、作戦研究が進めば
違った答えが出るのかもしれません、が、ドイツ軍は冬に
損害を出すというだけのことで、攻勢をやめる訳にはいきません。
……ドイツ軍には、十分な時間は残されていないのです。

|

« 2010年7月第2例会報告 | トップページ | 2010年8月第2例会報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156118/49154336

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年8月第1例会報告:

« 2010年7月第2例会報告 | トップページ | 2010年8月第2例会報告 »