« 2011年4月第1例会報告 | トップページ | 2011年5月GW例会初日報告 »

2011年4月17日 (日)

2011年4月第2例会報告

プレイされたゲーム

  • Penny wise
  • B&O
  • くにとりっ!
  • 信長最大の危機

プレイの内容

 最初にプレイされたのは、Pennywise。ゲーム自体は単純で、1セント、2セント、3セント、5セント、10セント、20セント、25セントの中から、一定数のコインを各自が渡されます。渡されたコインを、順番に場に1枚出します。そのとき、場に、出したコインよりも少ない金額のコインが有れば、それをすべて手に入れることが出来ます。たとえば、場に3セントと1セントのコインがあるときに、5セントのコインを出せば、3セントと1セントのコインを手に入れることが出来るわけです。このゲーム、コインの両替は出来ませんし、コインの交換はかならず損をするように出来ているので、必ず誰かがコインをなくしてしまうときがやってきます。誰かがコインを場にだした瞬間(ここ重要)手元にコインがなくなったなら、そこでゲームが終了して、そのとき、コインの金額を一番たくさん持ってる人が勝利です。
 ゲームとしては単純なのですが、プレイ時間も短く、熱くなれる好ゲームです。

 B&Oは、以前もプレイされた鉄道ゲームです。キューブを線路代わりに引いていくのですが、会社ごとにキューブの数が違っているのがポイント。多い会社は20ぐらい持っているのですが、少ない会社は4とか6とかしか持ってない! 最後の方にならないと登場しないと思われます。これは、途中で志気崩壊が起きてました。

 くにとりっ!は、ドミニオン形式のカードゲーム。早期に武将をそろえたプレイヤーが侵略侵略侵略侵略で勝ってました。

 信長最大の危機は、どうなったのか見てないので知りません。(すいません)

感想。

 Pennywise、よくこういう発想が出てくるものだと思います。座る順番まで拘りが出てくるゲームなんて、HGSでもまずお目にかかりません。それだけ熱くなっていたということでしょうか。
 くにとりっ……は……いったん武将をそろえたプレイヤーが走り出すと誰もとめようがないのは困りものです。何度もプレイすること前提なのかもしれませんが、逆転のしようがないのはゲームに盛り上がりが欠けるように思います。ドミニオンだと、戦がない分、逆に駆け引きの要素が強かったように感じるんですけどね。

|

« 2011年4月第1例会報告 | トップページ | 2011年5月GW例会初日報告 »

コメント

>出したコインよりも少ない金額のコインが有れば、それをすべて手に入れることが出来ます。
この表現だと5セント玉出したときに3セント玉が何枚あろうとすべて手に入れられると誤解されるので、私は「5セント玉をポット(場)へ出したとき、ポットにあるコインを4セントまで取れます。10セント玉を出したときは9セントまで取れます。」と説明しています。

それにしても、秘書さんのプレイは凄かったですね。何も得られるものがないのに、ポットへ10セント玉を投げ込む度量には感心させられました。

投稿: アマノ | 2011年4月17日 (日) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156118/51419051

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年4月第2例会報告:

« 2011年4月第1例会報告 | トップページ | 2011年5月GW例会初日報告 »