« 2011年9月例会報告 | トップページ | 2011年10月第2例会報告 »

2011年10月 9日 (日)

2011年10月第1例会報告

プレイされたゲーム

  • くにとりっ・エキスパンション
  • ハンガリー1944-1945(VV/CMJ)
  • 1856
  • ペニーワイズ

プレイの内容

 最初に人数が集まるまでプレイされていたのが、くにとりっ・エキスパンション。
エキスパンションだけでもプレイ可能なようにカードが入ってはいるのですが、やっぱり今ひとつおもしろくないのは致し方ないでしょう。手練れの忍び攻勢に耐えて内政→武将動員につなげ、勝利に至ったのは見事でした。

本日のメインイベントになったのは、ハンガリー1944-1945と1856。
ハンガリー1944-1945は、ソ連軍のハンガリー侵攻を扱ったキャンペーン級ゲーム。
今までのプレイの経験から、ソ連軍は序盤、西方のハンガリー軍のみが守る地域に機械化部隊を投入して攻勢に出た……のはいいのですが、その背後をドイツ装甲部隊に襲われて主力を撃破され、逆にドイツ軍の攻勢にさらされるという、よくわからない展開になってしまったそうです。

 1856は、カナダを舞台にした、18XXシリーズ。キャピタルゲインを荒稼ぎしたGWがたぶん勝ったろう、というところで時間切れになりました。

 最後にプレイされたのはペニーワイズ。HGSでは完全に定番ですね。

感想

 ハンガリー1944-1945。何度やってもソ連軍が勝てません。
3回プレイして、やればやるほどソ連軍が進撃できなくなってきます。
テストプレイはしてるはずなので、こちらのプレイ方法が何か間違ってるはずなのですが何が間違ってるのかよくわかりません。山岳地帯に機械化部隊を集中したのは間違いだったのですが、ハンガリー軍方面に集中したのも間違いでした。もしかしたら、ドイツ機械化部隊と正面から殴り合わなければならないのかもしれません。しんどいことです。まあ、第一ターンのソ連軍の行動は、まだまだ作戦研究の余地がたぶんにありそうです。

|

« 2011年9月例会報告 | トップページ | 2011年10月第2例会報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156118/52948744

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年10月第1例会報告:

« 2011年9月例会報告 | トップページ | 2011年10月第2例会報告 »