« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月19日 (日)

2012年2月例会報告

プレイされたゲーム

  • RUNE WARS
  • 1830

プレイの内容

 本日のメインイベントはRUNE WARS。ファンタジー世界の4つの種族が、ドラゴンルーンを巡って争うゲームです。地形は毎回タイルを組んで作るためにやるごとに異なります。そして種族ごとに異なった能力を持つユニットを持ち、それぞれに異なった特性を持つためそれぞれの特性に応じたプレイの仕方を考える必要があります。

 が、まあ今回は練習と言うことで、とりあえずやってみることにしました。各自最初にドラゴンルーンを2個とダミールーンを1個手にしています。6個本物のドラゴンルーンを手に入れれば勝利できるので、2人滅ぼせば勝利できるわけですが、そう話はうまくいくはずがありません。しかし、イベントや、陣営ごとに定められた目的、あるいはヒーローによるクエストでドラゴンルーンが入手できることがあるので、これによってルーンを稼いで6個獲得を目指すのです。なお、24ターン(1ターン1シーズンなので6年)経過すると、時間切れでその時点で最も多くルーンを獲得している人が勝者になります。

 が、プレイは4年目に大きく動きました。入札で負けたプレイヤーがルーンを分配しなければならない、という凶悪なイベントが発生したのです。これで4つルーンを持っていたプレイヤーが5つめのルーンを獲得。さらに6つめのルーンをクエストで確保して勝利を確定させました。

 1830は、端切れの時間を使ってプレイしたので、5列車が出るところまでしかプレイできませんでした。

感想

 RUNE WARS、後からルールを読み貸してみると、ちょこちょこプレイ中やってたルールとが間違ってることに気づきました。一番ひどく間違ってたのは、ヒーローが夏以外にも動員などの軍勢が移動するカードで動き回ってたことなのですが。おかげでクエストがやたらはかどってました。実際には、もっとクエスト達成は難しいはずだったようです。

 しかし、RUNE WARSは楽しいゲームです。季節ごとのイベントは凶悪なものが多いのですがアクセントとして機能してますし、カードによる戦闘も雰囲気が出ています。

ただ、難を言えば、イラストもフィギュアもわかりにくい。軍勢も中立勢力もよくわからない。特にヒーローのフィギュアは間違い探しの世界です。もう少しこのあたりはなんとかしてほしかったところです。まあ、慣れの世界なのでしょうけれども、十分に説明されなければこのあたりはよくわからないと思われます。

 まあ、なんにせよ、もう一度正しいルールでやってみて、それからの話ですね。

占領地の定義からして、ルールブックに書いてないそうですし。

一応、本拠地はユニットがいなくても占領地として見なすが、それ以外の地域(番号が振ってある場所)は、自軍ユニットがある場所を占領地とし、それ以外のエリアを空白地、中立の軍勢がいる場所と他のプレイヤーの軍勢がいるところを敵地として扱いましたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »