« 2012年5月第1例会報告 | トップページ | 2012年6月例会報告 »

2012年5月21日 (月)

2012年5月第2例会報告

プレイされたゲーム

  • 1832
  • OUTPOST

プレイの内容

 本日のメインイベントは、18XXシリーズの一作、1832。アメリカ南部、ヴァージニア州を中心とした地域を扱います。特徴的なルールとしては、列車の刻みがやたら細かくて、5列車6列車8列車10列車12列車まで存在すること。パーマネント列車が12列車で、5列車すら12列車が登場すると吹き飛んでしまうのです。
 その代わり、会社の起こし方はオーソドックスな60%株券購入で100%資産が入るというタイプです。6列車登場時点で、連結している会社は対等合併が可能、この時点で親株以外は5%株券化してしまいますが、会社は4台運行可能になります。
これぐらいが特徴的なルールでしょうか。ヴァリアントルールの南北戦争(4列車登場時点で、ランダムに線路が破壊される)だの、南部銀行(プレイヤーが会社にお金を貸すことが出来る)などは採用しませんでした。
 で、プレイが開始されたのですが……6人プレイでは、自力で会社を興すことが出来る人はおらず、誰しもが誰かに依存しないと会社が起こせない状態、結局最初に起きた会社は2社だけという有様です。その後も時間がたてばたつほど起こすのには高い株価で起こさねばならず、高い株価で起こすには売るための株も高くなければならずという悪循環が起きて会社はあまり出来ず、会社が出来なければ列車も進化せずという状態。6列車が出て合併が起きる頃にはみんな力尽きてしまいました。

 その後にプレイされたのはアウトポスト、やっぱり科学者と研究所を集めたプレイヤーが最後にトップ争いを演じてました。

感想

1832、ブラッディなゲームになるかと思いきや、逆にのんびりとしたプレイになりました。
強制的に進化させるルールがなく、会社を起こすハードルが高めなので、列車の進化が遅いのです。プレイヤーがもっと積極的に会社を起こしていればまた違った展開になっていたのかもしれませんが、今回は自力で起こせるめどが立たなければ、誰も起こそうとはしませんでした。

 

|

« 2012年5月第1例会報告 | トップページ | 2012年6月例会報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156118/54767591

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年5月第2例会報告:

« 2012年5月第1例会報告 | トップページ | 2012年6月例会報告 »