« 2012年10月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月23日 (日)

2012年12月例会報告

プレイされたゲーム

  • Here I Stand(GMT)
  • 激闘 バルジ突破作戦(GJ)
  • 街コロプラス

プレイの内容

 本日のメインイベント、というか6人集まってプレイされたのはHere I Stand。立ち上がりはのんびりと定石通りに英仏ハプスブルクが新大陸に探検隊を送り出し、新教徒がドイツで布教にいそしみ、オスマン帝国がハンガリーいじめをやっていました。定石通りじゃないのは教皇様。カードをフランスやハプスブルクに送って同盟を結んでおりました。ゲームが動いたのは第4ターン、新大陸探検ではVPが稼げないとみたイギリスが対仏戦争に乗り出したのです。電撃的にルーアンとパリを陥落させ25VPを獲得したものの、フランスもさるもの、都市住民の反乱でルーアンを奪回して徹底抗戦に打って出ます。そのターンに発生したシュマルカルデン同盟で、VPトップに躍り出たのが新教徒でした。そのリードを、フランス語聖書の翻訳と布教活動とで広げます。オスマン帝国もウィーン攻略とヴェネチア、ローマ教皇領侵攻による軍事的勝利を目指して追いすがりますが、ハプスブルク家によるアルジェ征服によって野望が潰えてThe End。イギリス欧州派遣軍もフランスの地力によって消耗し尽くしてしまい新教徒に追いすがることは出来ませんでした。


 激突・バルジ突破作戦は午前の部と午後の部がプレイされていたようです。午前の部はさわりだけプレイされたようです。午後の部は、デザイナーが”教育”してたみたいですね。

 街コロプラスは、いつもの街コロに、追加カードが入って、ルールが若干代わり、常に10種類だけのカードが場に出てるようになりました。おかげで作戦が固定できなくなって大変です。たてなければならない建物も増えました。ゲーム自体は、ペンは何者よりもつよしで、出版社を押さえたプレイヤーが勝利を収めてました。


感想

先月の例会では、新版:ヒストリー・オブ・ザ・ワールドがプレイされたそうです。MUST ATTACKのIZUMOさんの日記に書かれてある通りですね。

 Here I Stand、新教徒とフランスは強いですね。やっぱりあの2強は走りました。イギリスも序盤にエドワード6世が生まれると強いです。オスマンも軍事的勝利が狙えるという意味では強い。というか教皇とハプスブルクがトップランクに絡んでるゲームになかなかなりません。この2勢力は上級者向けな気がします。特に教皇は新教徒を止められる唯一の勢力だけに、プレイは難しいですね。

街コロプラス、プラスになってお手軽ゲームではなくなりました。プレイにちょっと時間がかかります。かけるだけの値打ちはあるのですが、プレイの最後にみんなで手軽にプレイする、というにはちょっと重いかもしれません。まあ、デザイナーが想定している2~4人ではなく、2セット使って8人ぐらいでプレイしている、という事情もあるのでしょうけれども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2013年1月 »