« 2012年12月例会報告 | トップページ | 2013年2月例会報告 »

2013年1月27日 (日)

2013年1月例会報告

プレイされたゲーム

  • (タイトルを忘れました。街を作るゲームであったんですが……)
  • 新版History of the world
  • 街コロ

プレイの内容

 本日人数が集まるまでプレイされたのは、タイルで街を作ってVPを集めよう! というゲーム。
どんなゲームかというと、シムシティライクに、街の様々な施設がタイル化されていて、それを接続していって、起動することでお金を手に入れたり、VPを稼いだりするといった具合。起動するには電力や水のトークンが必要なタイルがあります。この電力や水を生産するタイルもあって、これは誰でもお金を出せば作れるので争奪戦になったりします。ゲームは2回プレイされ、1回目は持ち主が、2回目はゲームを理解して、(隣のタイルが活性化すると自分自身の効果が発揮されるタイルをうまく利用したプレイヤーが勝利してました。

 その後プレイされたのが、メインイベントとなった、新版のHistory of the world。AH版と違って、エリアが荒っぽくなってる分駒数が少なかったり、イベントカードも少なかったり、オーバーランがあったりと、攻撃側が有利になるルールが入ってます。国決めもVPの少ない順にカードを引いていくという実にわかりやすい形式に変更になりました。代わりにイベントカードはVPの多い順に引いていくことになっているので、ここでバランスが調整されているようです。あと、VPを支払ってイベントを発動するようになってるのも変わってる点でしょうか。強力なイベントは支払うVPも高いので、使いどころは考えようです。

 が、ローマが強力なのは相変わらずでした。ローマ帝国がアフリカを制圧したら、誰もアフリカに手が出せず、そこがVPを供給しまくって勝利を決めてました。

 最後は街コロ、時間切れで最終決着こそつかなかったものの、寿司屋が外道に稼いで実質的には勝負がついてたように思います。

感想

シムシティもどきの街作り。結構楽しめました。プレイ時間も短いし、悪くないと思います。OUTPOSTと違って、人数が5人に限られるのが欠点といえば欠点でしょうか。まあ、人数が増えると手持ちぶさたなプレイヤーが現れるから仕方ないといえば、仕方ないでしょうけど。

新版のHistory of the worldも、思っていたのと違って、原作レイプにはなってませんでした。むしろ原作の欠点だった、多人数でやると手持ちぶさたなプレイヤーが現れてだれるという欠点が、駒数の減少によるプレイ時間の短縮で解消されてるように感じます。とはいえ、VPの繰り上がりは不条理に感じなくもないのですが……。

街コロ、あまり時間にプレイするゲームではなくなってしまいました。
あまり時間にプレイするゲームは、別なものが必要になったのかもしれません。

|

« 2012年12月例会報告 | トップページ | 2013年2月例会報告 »

コメント

町をつくるゲームのタイトルは「シティ・タイクーン」です。ポーランド製のゲームです。

投稿: アマノ | 2013年1月28日 (月) 04時42分

指摘ありがとうございます。ポーランド製のゲームなんですか。

投稿: ウィリー | 2013年1月28日 (月) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156118/56639996

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年1月例会報告:

« 2012年12月例会報告 | トップページ | 2013年2月例会報告 »