« 2013年8月例会報告 | トップページ | 2013年9月第二例会報告 »

2013年9月 8日 (日)

2013年9月第一例会報告

プレイされたゲーム

  • 1817
  • Pax Baltica(GMT)


プレイの内容

 本日プレイされたゲームは、1817とPax Baltica。
 1817の方は、18XXシリーズの一作、このゲームの特徴は、今までの18XXシリーズと違って、株式の売買に力が入ってること。会社は2株会社(親株だけしか存在しない)5株会社(40%株と20%株の会社)10株会社(普通の18XXの会社)の3種類。なのですが、5株会社以降の会社の株は、空売りできるのです。そして、株が公開市場に残っていると、残ってる株券分株価が「どん」と下がります。かわりに売られたときには株価は変動しません。売り切り上がりの1ランクアップだけはありますし、会社自身による1株買いはありますから、会社自身が買って株価の低下を防ぐことは可能です。そして、株を空売りすると、あたかも株を持っていたかのごとく、株価分だけお金がもらえるのです(ラッキー)代わりにその会社が配当を行うと、手持ち資金から配当分だけのお金を配当を行った会社に支払わなければなりません。配当は、その後株を持ってる人に会社が行います。
 ちなみに、会社のランクアップは、全会社が運行を行った後にM&Aフェイズがあって、そのときに行われます。これは、合併と自力パワーアップとが存在します。合併は、常に対等合併で、同規模の会社同士が合併して1ランク上の会社になります。株価は、2株会社の時は合計、5株会社の時は平均です。合併のメリットは、2株会社の時は、株価が一気に上がることでしょうか。5株会社の時は、列車の統合ができることと、線路がうまく運用できること、会社資金の統合ができることがあげられると思います。自力パワーアップは、単に会社を大きくする、と宣言すること。どちらの場合も、会社をパワーアップすると、社長は、自社株を買えるだけ買うチャンスが与えられます。(最大60%まで)その後、順番に1株買うチャンスが順番に与えられます(時価で)。
 このゲームの特徴には、借金もあります。発行してる株数だけ借金ができるのですが、借金の金利は、「すべての会社が借りてる総額」によって決まるのです。つまり、借金すればするほど、金利負担が加速度的に重くなるという原理。これによって、借金経営はつらくなります。もちろん、借金すればするほど株価は下がります。二重苦です。
 中小企業にも特徴があります。このゲームの中小企業は、会社設立時の設立資金に額面金額が繰り込めるのです。ただし、列車買いの資金にはなりません。つまり、自己資本の一部として計算できる、ということ。また、額面以上で買う義務もありません。200ドルまで補助金が存在し、その範囲でなら、額面より安く買うことも、理論的には可能です。競り落とすことさえできれば……。このゲームでは、すべての中小企業は競りにかけられ、競り落とせば購入できるのです。あと、運行ラウンドごとに、1台ずつ列車が海外に売られていくぞルールがあるので、俺たちは平和にしょぼい列車で運行するんだが通用しないこともいえるでしょう。
 とまあ、特徴的なルールはこれくらいでしょうか。

 プレイは3回行われました。1度目のプレイは、ルールがよくわかってなかったこともあっていきなり煮詰まるプレイヤーが登場、2回目の株式ラウンドすら迎えずに終了。練習プレイとして終わりました。
2回目のプレイは、そこそこ進んだものの、ニューヨーク北方に延びたプレイヤーがなんとなくだれてきたところで昼食時間が来たので仕切り直しということで終了。
3回目のプレイは、7列車が出るところまで進みました。が、5株会社でも売り切れ上がりする、というルールを見落としてたことに気づいたので一応練習プレイという形になってしまいました。

 Pax Balticaは、イワン大帝が、なぜか単独で攻勢に出たところを撃破されてロシアが講和。デンマークも参戦したのはいいがスウェーデンに撃破され、ドイツがスウェーデンに攻められている……というところで時間切れになったそうです。


感想

 1817。空売りが発生したのは最後の最後でしたが、空売りすると確実に儲かるのでは? という意見が出てきました。
 確実に儲かる、というには株価がかなり上がる必要がある気はするのですが、実際に株価は売り切れ上がりすれば5株会社でも上がる、というルールを正しく適用していれば上がってたはずなので、結構はやい段階で空売り戦術が使えてたはずです。もっとも、配当額も大きいゲームなので、空売りが確実に儲かるかどうかはわかりません。株価が高くなれば空売りは儲かるでしょうが、株価の低い会社に仕掛けるのは自殺的冗談です。配当を連続で止めてくれる保証でもあれば別ですが、いずれにせよ、正しいルールでやってみなければよくわからないところはあります。まあ、いままでの18XX系とは毛色の違うゲームなので、なんどかやってみないとわからないことが多い気がします。

Pax Baltica。見てないのでよくわかりません。史実では、スウェーデンが無双しながらも力尽きる展開だったはずです。ゲーム中ではどうなるのでしょうね。今日は一応無双の段階で終わってたようですけど。

|

« 2013年8月例会報告 | トップページ | 2013年9月第二例会報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156118/58155083

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年9月第一例会報告:

« 2013年8月例会報告 | トップページ | 2013年9月第二例会報告 »