« 2014年5月GW例会報告 | トップページ | 2014年6月第1例会報告 »

2014年5月18日 (日)

2014年5月通常例会報告

プレイされたゲーム

  • 18OE
  • フリードリッヒ最大の危機(GJ)
  • たんとくおーれ(アークライト)

プレイの内容

 本日のメインイベントは、アマノさんの予告通りの、18OE。
18XXシリーズの一作なのですが、とにかく巨大なゲームです。
どのくらい巨大化というと、18XXで東はスペインから西はモスクワまで、北はサンクト・ペテルブルクから南はイスタンブールまで含むというぐらいに巨大なのです。そのくせ1ヘクスあたりのタイルの面積は、普通の18XXぐらいの大きさ、だからタイルはちっちゃいのです。
特徴的なルールは、海域ルールとフェリールールでしょうか。このゲーム、海域も港から1列車能力を使えば通過出来るのです。これで離れた場所に向かっても移動できます。港にトークン(駅)をおいていれば、海の効果を1,ないし2、減ずることが出来るのを忘れないこと。これで港にトークンのある会社は海を渡ってコストなしで路線開拓できるのです。
フェリーは、マップ上に引かれた線です。海を渡れるというのは海域同様。コストがかかる場合も有り、かからない場合もありです。コストを減ずる手段がないのが玉に瑕でしょうか。
あと、オリエンタル急行のルールがあります。イスタンブールから、サンクト・ペテルブルクやベルリンやパリなどに列車を運行するとボーナスが得られるのです。距離は遠いですが、ゲームのタイトルにもなってる列車です。みんなでカセティをやっつけましょう。

冗談はこれくらいにして、話を続けると、このゲーム、普通とは列車の運行の仕方もちょっと違います。列車の能力は、急行と普通列車に分かれています。急行は都市のみカウント、普通列車は街と都市をカウントします。そして、街は「存在しないもの」としてまず路線ををカウントし、、その後で普通列車はその能力値分だけ運行路線内の街を拾うことが出来るのです。普通の18XXとは違う概念なので頭の切り替えが必要です。街は出来るだけ通った方が得なのです。逆に、Y都市でない都市は、どこまでアップグレードしても1駅しかおけないので、遮断される可能性が高い、通らない方が吉なのです。

マップが巨大なだけあって、会社も30社登場します、それも序盤に。プレイヤーの手持ち金額も大量にあります。線路も小会社すら黄色タイル3枚、大会社なら黄色タイル6枚引けます。あっという間にヨーロッパがタイルで埋められていきます。展開は意外と早いのです。アップグレードだと、枚数半減、大都市だとさらに枚数半減ですけどね。……つまり、小会社は大都市のアップグレードは出来ないわけです。

さて、ゲームは4人で始まり、序盤から29社が設立されるという展開になりました。これでも、みんな最高株価で興したがったために遅い出足になった展開といえるらしいのです。
ゲームはみんな7社8社持ちでプレイするので移動で疲れる、間違い探しのようなお金のせいで疲れる、とゲーム以外のところで疲れてしまいます。
そして一巡して株式ラウンド、30社目がおきます。さすがに7社も8社もあると配当も莫大です。
みんな大会社を一会社作って、どうなるか様子を見ます。
二巡目の株式ラウンドがやってくる頃、3列車も出尽くして4列車登場と相成ったとき、一人が妙なことに気づきます。

「3列車の数があってないんでね?」

3列車の数は20枚と決まってますが、裏がおかしい3列車があるので枚数がおかしい可能性があるというのです。
早速数え直し、数えたら3列車が26枚世の中にありました。

あれ?

ここで士気崩壊、また後日正しいルールでプレイしようと言うことになりました。

18oe_ks

写真は終了図です。

フリードリッヒ最大の危機は、フリードリッヒがシェリーフェンプランを発動してフランスに侵攻したら、フランス軍の反撃に遭って包囲殲滅されてしまったそうです。

たんとくおーれは増築開始を加えた5人プレイ。強いぞ黒執事……。

感想

18OE。18XXになれた人だからはまるルールとか、忘れやすい細かいルールが意外とありました。港ルールはすっかり忘れてた……。海関係のルールはちゃんと把握しておく必要がありそうです。

たとえば、ニューヨークにどうやったらたどり着くのかずっと謎でしたが、連続する「海域横断」が出来ないと書いてあるだけで「連続する海域」を横断できないとは書いてありませんでした。海→港→海の移動が不許可なだけで、港→海→海→港は出来るみたいですね。

あと、港の収益の意味がわかりました。あれは「海から来た場合、線路が引かれる前」の収益の意味ですね。線路が引かれたら、アップグレードして新しい収益になるはずです。

あと、小会社は半配当「しかできない」と明記してありました。配当停止はできないみたいですね。

それと、特別タイルは別な袋に分けておいた方がよさそうです。今回は同じ袋に入れていたおかげですごいことになりました。
あと、パトロンタイルは色分けしてあると便利です、色覚検査よろしくわかりづらいです……。

なんにせよ、プレイヤーの評判は「18westよりまし」とのことなので、もう一度はやってみたいと思います。

フリードリッヒ最大の危機、7年生き残ればフリードリッヒが勝てるはずなのですが、7年生き残った事例が少ないように感じます。
今回もプロイセンが崩壊しました。何が悪いんだろう?

|

« 2014年5月GW例会報告 | トップページ | 2014年6月第1例会報告 »

コメント

フリードリッヒ、今回の敗戦は全て私の責任です。
相手が初プレイなので適当にプレイしたのが間違いでした・・・
相手は、monさんなのに・・・
しかし、基本的には、反プロイセン陣営有利は当然で、どうやったらプロイセン軍が勝てるのか?を研究するゲームですよね!

投稿: | 2014年5月18日 (日) 21時58分

確かに、反プロイセン軍有利っていうか、反プロイセン軍側が2年目に優勢な状況を築いて、そのモーメントを維持する展開になることが多いですよね。

それをなんとかしなければならないはずなんですけど、よほどのことがないと無理ですよねえ……

投稿: ウィリー | 2014年5月18日 (日) 22時19分

18OE.フェリーに関するルール修正。

フェリーも海域と同様に、港や港湾局で距離が減らせました。ルールを読み間違えてましたね。

投稿: ウィリー | 2014年5月18日 (日) 22時22分

海上移動について、ルールを読み直しました。
港から海域へ出ると連続する海域を移動することが可能なようです。ただし、一度港へ入ると線路を使って陸上移動をする必要があるようです。ですから、港(駅(港)トークンあり)→海(港トークンによりカウントしない)→海→港→(線路)→港→海→盤外エリア(6列車の場合)のような移動ができるようです。

投稿: アマノ | 2014年5月19日 (月) 21時04分

港から海域に出た場合限定なんですか。
まあ、港からしか海に出ることが出来ないわけですけど
要するに、「カウントしない能力」を使うことで「連続した海域」の移動が可能になるわけですね。

投稿: ウィリー | 2014年5月19日 (月) 21時12分

「カウントしない能力」を使わなくても「連続した海域」は移動できますよ。例えば4列車で「港→海→海→盤外エリア」の移動が可能です。ただ、これでは「£30+£0+£0+£50」程度の収益だろうから、使う意味がないでしょうね。

Y都市ではない都市も育てておかないと大会社を国鉄化したときに損をすると思います。「国鉄の収益計算[11.3.10]」を参照してみてください。

投稿: アマノ | 2014年5月20日 (火) 20時42分

要するに、海→海→海の移動は、移動力さえあれば可能ということですね。儲けにならないだけで。

確かに、国鉄は切られる心配がないから単一都市つなぐ意味はあるかもしれないですけど、国鉄って拡張能力がやたら高いから、国鉄化してから拡張していっても間に合いません? まあ、やってみないとわからないですけど。

投稿: ウィリー | 2014年5月21日 (水) 01時03分

前述の4列車の例、駅トークンをまったく含んでいないね。どっかに駅トークンを置いて3列車の例にするか「海→」を間に1つ加えてね。

そうですね、国鉄化してから拡張しても良いかもしれません。
国鉄の会社チャートに収益できる都市数(通常都市、Y都市、大都市、盤外エリア、他に町数も)が書かれていて、所有列車の能力数がそれをを超えると1列車能力につき、£60の収益を得られます(町は£10)。£60は茶のY都市と同じ収益です。
国鉄が銀行からもらえる(購入ではない)列車は廃列車だけなので、国鉄の列車能力を上げるのは難しいのかな?ちなみに現役列車を得るためには大会社からもらう(支払いは銀行から半額だけ)ことができるだけです。

中会社が大会社化したとき、中会社に残っている駅トークンは大会社が使用できます(駅トークン置場が拡張されたと考えてください)。それに対し、小会社が大会社に合併されたとき、小会社に残った駅トークンは除去されます。

大会社はオリエント急行目的なら、会社にある2、3、4列車を連結して使用できます(3の時代なら2列車+2列車+2列車+2列車=8列車などということができます)。

投稿: アマノ | 2014年5月22日 (木) 05時49分

まあ、そこらも含めて、正しいルールで一度やってみましょう。
おもしろいかどうかはそれで決めると言うことで。

前回のプレイでは免許は単にお金を払うだけの存在でしたけど、入札が行われるようになると免許も意味が出てくるような気がします。まあ、免許をかき集めるプレイヤーが現れたとして、中会社がそんなにぼこぼこ作れて、かつ、全部が維持できるとも思えませんけど。

ただ、優良な中企業を早期にとれる権利を確保するには役立つでしょうし、1stと3rdとかいう風にとれれば、中企業の連携とか、中企業と小企業の連携がとれるのではないかと思われます。

投稿: ウィリー | 2014年5月23日 (金) 00時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156118/59665531

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年5月通常例会報告:

« 2014年5月GW例会報告 | トップページ | 2014年6月第1例会報告 »