« 2014年5月通常例会報告 | トップページ | 2014年6月第2例会報告 »

2014年6月 1日 (日)

2014年6月第1例会報告

プレイされたゲーム

  • 18OE

プレイの内容

 本日のメインイベントは、前回の約束通りの18OE。掲示板で参加表明をいただいた通り、関東から後藤さんにお越しいただいてのプレイになりました。

 こちらもプレイは2回目、なのですが、今回は18XXシリーズが初めて、というかたも参加されての6人プレイでスタートです。最初の18XXがいきなりこれ、というのもハードルが高いのですけど。

 最初は会社のビットから、前回は出されたものをおいしくいただくプレイでしたが、今回は競りで免許や会社を競り落とすプレイが行われるようになります。どの会社が儲かるかは手探りの段階でしたけど。

 今回は30会社が最初の手番で起きてのプレイ開始、というか、いきなり大会社が発生するというすごい状況での始まり方をします。その大会社、株を50%公開市場にはき出して3+3列車を銀行から2両買い付けます。これでテンポは速まりました、時代4が早期に来るとみて全社を大会社化するプレイヤーまで現れる始末。これが時代をさらに加速します。あっという間にやってくる5の時代。結局、6時までプレイして6の時代到来のところで時間切れになりました。

終了図のマップです。


18oemap

こちらは終了時の株価

18oestock

感想

後藤さん、今日はありがとうございました。
ルールの明確化のお手伝いもしていただいて本当に助かりました。

オリエント急行は5列車や3+3列車二両でも意外と通るものだというのが確認されました。
コンスタンティノープルは思ったよりは近いみたいです。
もちろん、そのためには気合いを入れて線路を引かなければならないのですけど。

スペインで稼いでる会社はノーマークでしたが、儲かっていたそうです。
なんでも、3両持ちで一ラウンドに70以上の稼ぎをたたき出してたんだとか。

オリエント急行登場で状況は一変したそうですけど。
このゲーム、オリエント急行があるのでそれを頭にいれておく必要が常にあるようです。

まあ、なんにせよ、時間のかかるげーむではあるので、最後までプレイは難しいでしょうが……。

|

« 2014年5月通常例会報告 | トップページ | 2014年6月第2例会報告 »

コメント

ウイリーさん、みなさん、こちらこそ突然の参加を受け入れていただきまして、たいへんありがとうございました。
こちらも大変楽しくプレイすることができました。いろいろ小手先のテクニックなど使わせてもらいましたが、今後のプレイの参考にしていただければと思います。

どの地域も大都市や盤外を使えばそれなりの収益を上げますから、3両持ちでブイブイ言わせるのは難しくないと思いますが、それから先を見越した大都市直結ルートをいかに作っていくかが、終盤の勝負の分かれ目になるのではないかと思います。
最終的には、1株200超の配当を出すことができますから。

また、どうしても多人数ソロプレイ的にプレイせざるを得ないところはありますが、収益や個人の資産を見ながら、他人の株式にちょっかいを出していくことができれば、18xxっぽいいやらしさも感じることができるようになってくるのではないか、と思いました。

通常の例会で最後まで終わらせるのは難しいと思いますが、気に入っていただけたのなら、最後までプレイする機会を作っていただくと、より戦略の綾が見えてくるかなあと思います。

私個人としては、足をのばしたかいのある、十分に充実した一日を過ごさせていただきました。あらためて、一緒にプレイしていただけたみなさま、たいへんありがとうございました。

投稿: 後藤 | 2014年6月 2日 (月) 22時39分

後藤さん、このたびは遠方から参加いただきありがとうございました。

最終的には路線次第で、1株200以上の収益が出るんですか、異次元配当のゲームですね。
最後までやろうと思うと、かなりな気合いは必要っぽいですね。
それでも7agesよりは短時間で終わるでしょうけど……。

最後になりますが、充実した一日と言っていただいて感謝いたします。
また、プレイする機会がありましたら、よろしく尾根がいたします。

投稿: ウィリー | 2014年6月 3日 (火) 17時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156118/59743358

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年6月第1例会報告:

« 2014年5月通常例会報告 | トップページ | 2014年6月第2例会報告 »