« 2014年8月第1例会報告 | トップページ | 2014年9月例会報告 »

2014年8月25日 (月)

2014年8月第2例会報告

プレイされたゲーム

  • 数エーカーの雪
  • たんとくおーれ(アークライト)
  • フリードリッヒ最大の危機(GJ)
  • ぱんつぁー・ふぉー(CMJ)
  • 太平洋上の決闘

プレイの内容

本日のメインイベントは、やっぱり数エーカーの雪、数エーカーの雪原が正式名称かもしれません。
コタさんの作戦研究では、フランス軍が普通に有利ということになってるそうですが、とりあえずプレイ開始。
作戦研究での定石とされる、イギリス軍による植民2枚買いと、フランスによるネイティブアメリカン3枚買い、そしてイギリスによるネイティブアメリカン2枚買いからのプレイが基本とされましたが、これではイギリスが勝てないのです。フランス側の連戦連勝。最後にイギリスが勝利したそうですが、これはイギリスの軍事的勝利によるものだったそうです。

フリードリッヒ最大の危機は、k田さんとmonさんのプレイ。monマジック炸裂だったそうです。
フリードリッヒがいきなりベルリンで孤立って一体……

たんとくおーれは、メイドさんを集めてVPを稼ぐ頭からっぽにして楽しむのが正しいカードゲームです。以上っ!

ぱんつぁー・ふぉーは、聖グロリアーナ学園戦と、プラウダ学園戦をプレイしました。
連敗記録を塗り替えました。(一回、相手にルール説明ミスがあった分はノーカウント)

太平洋上の決闘は、4ターンプレイしたところで時間切れとなりました。
その後は飲み会になだれ込みです。

感想

数エーカーの雪、もしくは、数エーカーの雪原(こちらで検索すれば、まだどこかで買えるはずです)。第二版ルールでプレイした場合、フランス軍有利なようです。初版のルールだと、イギリス軍絶対有利だったそうなので、薬が効きすぎたのでしょうか。それとも、我々がまだ発見していない、イギリス軍が勝つための秘策があるのでしょうか。謎は尽きないのです。はっきりしていることは、植民合戦では、たとえ植民地を2枚押さえたところで、イギリスに勝ち目はない、ということなのですが。

フリードリッヒ最大の危機は、まあ、……あんなものでしょう。相手が悪い以前に、対人プレイの勘が戻ってなければ……

ぱんつぁー・ふぉー。まあ、その、なんだ。戦車道って、難しいよね。

|

« 2014年8月第1例会報告 | トップページ | 2014年9月例会報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156118/60208252

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年8月第2例会報告:

« 2014年8月第1例会報告 | トップページ | 2014年9月例会報告 »