« 2015年7月KGG遠征報告 | トップページ | 2015年8月第2例会報告 »

2015年8月 3日 (月)

2015年8月第1例会報告

プレイされたゲーム

  • 西南戦争(GJ)
  • 太平洋上の決闘(自作)
  • 18MEX
  • 琉球三国志(同人)
  • トブルク1942(SLGamer)
  • SANGOKU
  • (オランダの旅客輸送ゲーム)(タイトルは覚えられませんでした)

プレイの内容

今回は、立ち上がり2人というさみしい例会。
O石氏とプレイしたのが、西南戦争(GJ)。
このゲーム、前回は千日戦争になって投げたのですが
今回は、浸透攻撃が西郷軍に可能、というルールをうまく使った
O石氏が勝利しました。

続いて、まだ人が来ないのでプレイしたのが、太平洋上の決闘(自作)
このゲーム、忘れられがちなセイロン島沖の制海権が重要で
これを無視したO石氏の日本軍がVP的にやられてました。
まあ、対戦相手をデザイナーがやるんだから、プレイ回数の差はありますよね……。

ここまでプレイしたところで、AMANOさんが到着。
プレイしたのが、18MEX。言うまでもなく18XXシリーズの一作です。
特徴的なルールは、国鉄発生ルールでしょうか。
とはいえ、中小企業が解消されて国鉄になり、国鉄株が途中から買えるようになるという
まあ、よくあるルールではあります。
それ以外のルールも、奇をてらったものは一切無し、オーソドックスな18XXシステムを
採用しています。

ゲームは、3人でプレイされ、終盤、自爆せずに列車を購入出来たamano氏が勝利してました。

その頃、ちゃうちゃう氏とizumoto氏が到着。2人は18MEXには加わらず
トブルク1942をプレイ。
こちらは、ちゃうちゃう氏がさえた作戦を立てて枢軸軍を撃破して勝利したそうです。
続いてプレイされたのがSANGOKUで、こちらはizumoto氏が雪辱したそうです。

さて、ちゃうちゃう氏が所用で退出したところで、4人でプレイしたのが琉球三国志。
チット引きシステムの、エリア確保ゲームです。
チット引きシステムなのはよいのですが、ターンエンドがあるから、プレイ出来ない人は
延々プレイできない、という致命的欠点がありました。
だれたところで終了。

最後にプレイされたのが(オランダの旅客輸送ゲーム)。
こちらは、オランダの鉄道網に列車を走らせて、各駅にいるお客さんを運んで
目的地にたどり着ける、というゲーム。
ただそれだけなら、単なる双六なのですが、ポイントは、妨害カードが存在すること。

妨害カードに示された駅には、侵入も停止も出来ないのです。
このカードは、全員が3枚ずつ配られ、そのカードをプレイすることで
妨害箇所が決まります。そして、重要なのは、妨害カードで指定される駅は
常に3つに限られるのです。要するに、4枚目の妨害カードがプレイされたら
1枚目の妨害カードで指定された駅は妨害された駅ではなくなるのです。
5枚目がプレイされたら2枚目は、6枚目がプレイされたら3枚目は……という調子。
ここで、妨害カードをプレイして足止めするか、自分が前進するか、という駆け引きだけではなく
妨害カードをプレイして、自分の障害を取り除く、という選択肢も出てくるのです。
こちらは、好評でしたが、時間切れで決着がつく前にお開きになりました。

感想

西南戦争、最初プレイしたときはどうしようかと思いましたが、意外と考える余地がありますね。
とはいえ、お互い「負けない手」をうちあったら、千日手になりそう、という感想は変わりませんが……。

太平洋上の決闘は、O石氏がなれてないからあんなものでしょう。
KGGの感想戦でも、セイロン沖が重要、という話になってましたし。

18MEXは、結構楽しめました。まあ、当たり前の18XXシリーズなので
普通に楽しめたのかもしれません。

トブルク1942。枢軸軍有利かと思ったら、ちゃんと連合軍でも勝てるんですね。
SANGOKUは……バトルラインの発展系なのですが、特殊カードに凶悪なものが
含まれていて、それをどれだけ集められるかが勝負、というのがやや残念でしょうか。

琉球三国志は……テーマは面白いのですが、肝心のゲームがだれてしまう。
ソロでやってる分には気にならなかったのですが、手番が回ってこないから
やることもない、というのは、確かにその通りです。
楽しいのはチット引いてる人だけという……。

(オランダの旅客輸送ゲーム)は、文句なしに楽しいドイツゲーム(オランダゲームか?)です。
参加者からも好評でした。機会があったら、またプレイしたいゲームであります。

|

« 2015年7月KGG遠征報告 | トップページ | 2015年8月第2例会報告 »

コメント

(オランダの列車輸送ゲーム)のタイトルは
Koplopers en Dwarsliggersだそうです。
和訳すると「特急フロントライナーと寝台車」になるそうですが
「先行者と妨害者」という意味も込めてあるとか。

amanoさん、情報ありがとうございます。

投稿: ウィリー | 2015年8月 6日 (木) 18時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156118/62014120

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年8月第1例会報告:

« 2015年7月KGG遠征報告 | トップページ | 2015年8月第2例会報告 »