« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月28日 (月)

2016年11月例会報告

プレイされたゲーム

  • 1830
  • Triumph & Tragedy(GMT)
  • ギャルマスター1
  • 俺のケツをなめろ(ゲンブンゲームズ)

プレイの内容

この日は、菊三さんにも参加して頂いて、5人スタート。
とりあえず、ギャルマスター1で人待ちをしてから
1830をプレイ。

1830の会社が出そろってきたところで一旦ゲームを打ち切り、
メインイベント(?)のT&Tをプレイ。

菊三さんが枢軸国、izumotoさんがソ連、当方西側連合国でプレイ開始。
菊三さんの枢軸国は、外交戦で各地の領土を広げていきます。
対するソ連はバルバロッサに備えて軍拡路線。
西側連合国は、最初に引いた技術カードでいきなり核開発が出来たのに気をよくして
核開発勝ちに色気を出します。

こうして各国各様の作戦を実施していた1940年。
LSTとロケット砲を開発した西側連合国は突如として西側連合国へ宣戦布告。
ルールに強襲上陸を敢行します。

ルールは占領出来たものの、ベルリンから来たドイツ軍主力部隊によって
ルールを再奪回され、遠征軍は全滅。
軍の再建をしなければならなくなります。
その頃、ポーランドを軍事力で蹂躙したソ連軍は、1942年、満を持して
全世界に対し宣戦を布告、インドとベルリンを目指して攻撃を開始します。
が、インド遠征軍は出目が腐る腐る。1年かけてようやくヒマラヤを越えます。
一方ドイツ遠征軍を壊滅させられた西側連合軍は攻撃目標をローマに変更、
1943年、これを占領します。

かくして運命の1944年。ソ連はカード巡りよく1944年秋の決戦において
一番最初に行動を開始、ベルリンに10個軍を超える兵力を集中してこれを占領。
インドも2個軍でデリー要塞を攻略し、かくしてヨーロッパの覇者はソ連と決まりました。

余った時間で俺のケツをなめろと、ギャルマスター1をプレイ。
結局ギャルマスター1は菊三さんの連勝でした。

感想

1830、なれないと難しいみたいですね。
T&T、外交戦で不利な側は、当然軍拡をしてるわけで
西側連合国はいろんな技術を開発して戦争に備えてました。
ただ、ドイツも海軍レーダーを後追いで開発するなど
技術開発で追いすがってました。

結局ゲームは、何一つ技術開発してないソ連が勝ちましたが
これは西側とドイツがつぶし合った後にスチームローラを発動したからかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »