« 2017年11月11日、12日、松山六角会遠征報告 | トップページ

2017年11月27日 (月)

2017年11月26日例会報告

プレイされたゲーム

  • BAOR(SPI)
  • 街コロ
  • スピードサーキット(AH)
  • RISE and FALL
  • デューン(AH/HJ)

プレイの内容

 この日のSLGメインゲームは、BAOR。
今はなきソ連邦が西ドイツに攻め込んでくると言う設定で、開戦後の数日間を
逐次移動システムで扱うゲームです。
1ターンは半日、BAORでは、ライン川派遣イギリス軍が、ソ連の攻撃を防ぎます。
シナリオは4ターンの物が選ばれていたようです。
ゲームは1例会中に3ターン終了まで進み、あと1ターン、マップ端を進むソ連軍が
勝利条件の川を渡れるかどうか、というところでおわってました。

マルチ組がプレイしたのは街コロから、一点集中8さえでれば、という
家具工場買いしたプレイヤーが8を連続で出して勝利してました。

続いてプレイしたのがスピードサーキット、言わずとしれたレースゲームの古典です。
激しい競り合いの結果は、3台中2台がリタイアという激戦になりました。

続いてプレイしたのが、RISE and FALL、ローマ帝国滅亡期を扱うマルチゲームです。
4人シナリオでは、全員が蛮族になって、ローマ帝国に攻め入ります。
が、攻め込んだ先で片っ端から負けまくるプレイヤーがでる一方、ローマを一撃で落とすプレイヤーも出る極端な結果。
結局ローマ進軍を決めたプレイヤーにはだれも追いつけなくなってゲームが終了しました。

デューンは、4人プレイ。惑星アラキスの覇権を巡るマルチプレイヤーズゲームです。
各プレイヤーには、強烈な個性のある陣営が割り当てられます。
一回目は、ベネ・ゼケリット、ハルコーネン男爵、ギルド、フレーメンが登場し
土着民フレーメンが要塞3つを押さえて勝利してました。

二回目は、登場しなかった陣営を出そうということで、アトレイデ、皇帝、ハルコーネン男爵、ギルドが登場。
皇帝が貧困にあえぎながらも3カ所の要塞を押さえて勝利してました。

感想

BAOR、時間のかかるゲームながら、プレイヤーは楽しんでいたそうです。
逐次移動なので、どうしてもプレイに時間はかかるのです。
ユニット数もそう多くはなく、ルールも非常に複雑というわけではないので
時間が十分にあれば、最後まで楽しめるのではないでしょうか。

街コロとスピードサーキットは、古典的ゲームだけあって普通に楽しめます。

RISE and FALL、勝ち目がないと思ったプレイヤーは、蛮族になってやり直せる、という
ルールがあるのですが、今回はそのルールを使っても全然トップに歯が立ちませんでした。
蛮族になると、VPが入りにくくなるのはともかく、再登場までに2ターンかかるルールが大きく足を引っ張って、トップ目プレイヤー側はそれを迎撃できるのです。
このあたり、ちょっと残念なゲームかもしれません。

デューンは、今回も楽しめました。
ただ、裏切り者を示すために、あらかじめキャラクターをカードにコピーしておく方が
プレイアビリティは上がるようです。
私は、以前デューンをプレイしたときに、そうしていた人のセットでプレイした記憶があるので
キャラクターをカード化しておきました。
その方が、記憶違いなども起きないので無難だと思われます。

|

« 2017年11月11日、12日、松山六角会遠征報告 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156118/66092692

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年11月26日例会報告:

« 2017年11月11日、12日、松山六角会遠征報告 | トップページ