« 2019年12月14日自宅例会報告 | トップページ | 2019年12月20日自宅例会報告 »

2019年12月15日 (日)

2019年12月15日ウィリー家例会報告

プレイされたゲーム

  • 太平洋戦争1941-1945(White Dog Games)
    Dscf0336
    画像はセットアップの途中     

プレイの内容

 この日、izumoto氏を招いてプレイしたのは、太平洋戦争1941-1945。
タイトル通り、太平洋戦争のキャンペーンゲームです。
 この日は、標準ルール通りでプレイ開始。izumoto氏日本軍、当方連合軍でプレイです。

Dscf0337 

画像は第1ターン、連合軍のデポが初期配置表通りにセットアップされてる状態です。
ゲームに入っている初期配置表には連合軍のデポの位置が書いてないので参考になるかと思います。

さて、日本軍は真珠湾奇襲(そんなルールがないので強襲になる)を捨ててフィリピン攻略に向かいます。
第1ターンは連合軍が動けないのでフィリピンは見殺しです。
第2ターン以降、日本軍は太平洋を見捨ててまずは南方資源地帯確保に入ります。
連合軍はというと、補給不足で何も出来ません。さいの目が走ったことで
中国軍が気を吐いてるぐらいです。


南方資源地帯を確保した日本軍に対し、連合軍は艦隊が出そろってからおもむろに反撃開始。
まずは前方で孤立しているマーシャルを攻略します。
それを見た日本軍、海軍を全部太平洋に回して防備を固めます。
連合軍はこれに対応してイギリス海軍を投入、シンガポールを奪回します。

中国戦線は、日本軍が航空隊を投入したことで日本軍優位に展開していきます。

さて、運命の第8ターン、日本軍が南方に出払って日本本土ががら空きになったところで出たカードは
「山本五十六長官戦死」。

日本本土がガラガラなので、一撃で横須賀と硫黄島が落ちる、という状況になってしまってました。
ここで日本軍投了でゲームが終わりました。

 Dscf0338 
写真は、ゲーム終了時の様子です。

 

感想

やたら山本五十六長官戦死の効果が大きいような気がします。
これが初見殺しになってる感じもします。
日本軍をプレイするときは、43年は、いつ山本長官が死んでもいいように
本土をきっちり固めておく必要があるようです。

|

« 2019年12月14日自宅例会報告 | トップページ | 2019年12月20日自宅例会報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019年12月14日自宅例会報告 | トップページ | 2019年12月20日自宅例会報告 »