« 2020年1月12日広島・ゲーム・サービス例会報告 | トップページ | 2020年1月26日ウィリー家例会報告 »

2020年1月14日 (火)

2020年1月13日ウィリー家例会報告

プレイされたゲーム

  • The Last Blitzkrieg

Dsc00023

  • パンツァーヴァッフェ(盆栽ゲームズ)

 この日、ちゃうちゃう氏を招いてプレイしたのは、The Last Blitzkrieg。

言わずと知れたバルジのゲームです。凝ったルールは特にない、普通の連隊級バルジです。ユニットの数値が、攻撃力-防御力-移動力ではなく、戦闘力-モラル-移動力なのもそう珍しいことではないでしょう。

 ちゃうちゃう氏連合軍、当方ドイツ軍でプレイ開始。

最初、普通のバルジらしくドイツ軍に奇襲モーメントルールがあります。1コラムシフト有利になるというだけですが。その代わりに第6SS装甲軍以外砲兵が使えず、砲兵の使える第6SS装甲軍は装甲部隊が敵ZOCに入れないというペナルティがあります。

 それでも連合軍はゴーストフロントだけあって手薄です。ドイツ軍は簡単に第一線を食い破ります。連合軍は第1ターンから積極果敢に反撃開始。第2歩兵師団が、弱体な第6SS装甲軍北部を叩いてきます。

 第2ターン、サンヴィットへなだれこむドイツ軍にやっかいな問題が。よくあるバルジゲームの陰謀ルール、戦域境界線によって第6SS装甲軍を南経由で投入することが許されないのです。仕方ないのでエルゼルボルン方面へ第1SS装甲軍団を振り向け、第5装甲軍主力でサンヴィットを攻略します。南方第5装甲軍方面では、第3ターンにはもうバストーニュ前面へ到着することには成功します。が、第6SS装甲軍方面では、1つ都市を落とせばまた次の都市を落とさないと前進出来ないという辛い戦いが続きます。

 ここでとりあえず今日のプレイを打ち切りました。

 クールダウンプレイということで、パンツァーヴァッフェをプレイ、ちゃうちゃう氏率いる東部戦線版混成部隊vs私が率いる西部戦線混成軍の戦いは、重戦車のつるべ打ちに耐えてティーガーを突入させた東部戦線混成部隊が勝利しました。

感想

 The Last Blitzkrieg。基本的に普通のバルジゲームです。何を特筆したら良いのか迷うぐらいの普通のバルジです。まあ、砲兵の使い方が複数あるとか、モラル差でさいの目修正が入るとかいったルールはあるのですが、それも普通の作戦級の範疇でしょう。わかりやすいのが最大の取り柄です。強いてわかりにくい点を上げるとすれば、使うダイスが6面体、というのが箱の裏にしか書いてなくて、ルールブックに明記されてないことぐらいでしょうか。

 パンツァーヴァッフェは1940年フランス版が待たれるゲームです。アラスの戦いなんかを取り上げれば、面白くなりそうですが自分で作る気はないのです。

 

|

« 2020年1月12日広島・ゲーム・サービス例会報告 | トップページ | 2020年1月26日ウィリー家例会報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020年1月12日広島・ゲーム・サービス例会報告 | トップページ | 2020年1月26日ウィリー家例会報告 »