« 2020年2月1日ウィリー家例会報告 | トップページ | 2020年2月8日ウィリー家例会報告 »

2020年2月 2日 (日)

2020年2月2日広島・ゲーム・サービス例会報告

プレイされたゲーム

  • 1889(18XX四国バージョン)
    Dsc00040
    写真はゲーム途中の様子

  • サイズ~大鎌戦役~
    Dsc00042
    写真はゲーム途中の様子

  • 1828
    Dsc00043
    写真はゲーム途中の様子

 

プレイの内容。

 この日はあ~さんがお見えになりました。というわけで、メインイベントは1889(18XX四国バージョン)
四国を舞台にした18XXです。ルールが1830準拠なので、俗に言うアバロンヒル置きで線路タイルを置かなければなりません。
アバロンヒル置きというのは、自分の駅から出発して、つながっている線路タイルしか置き換える事ができないというもの。

 一般的な18XXでは、俗に言うメイフェア置きで、自分の駅から出発して、つながるようにタイルを置き換えることが出来るので、基本的に線路によるブロックは出来ないのですが、アバロンヒル置きなら、先に線路を引いてしまえば、妨害された側は線路の置き換えが、基本的には出来なくなってしまうのです。

 ゲーム自体は普通の1830準拠、小会社も普通に1830と同じように買っていきます。そして、大して波乱もなく各社成長して行きます。
が、それで勝ち目がなくなった私は、極端なムーブメントを起こします。D列車を買うために新会社を設立して大規模な列車回しを実施したのです。
 これで悲惨な目にあったのは、持ち主執行係さん。D列車登場で4列車が飛び、1社分、D列車を自腹で買わざるを得なくなります。
その結果、漁夫の利を得たのがあ~さん。キャピタルゲイン(株価上昇)の恩恵を受ける会社をたくさん持っていたことが幸いして、トップを取りました。

Dsc00041
写真は終了時の図。

 余った時間で、1828を出来るところまで、同じメンバーでプレイすることになりました。1828は、場所的には1830と同じ所です。1830をやっていれば、見慣れた会社が並びます。が、見慣れてない会社もいくつか登場してます。このゲーム、普通の1830のような小会社とは別に、大会社の種になる小会社が存在しています。これが全部売れないとゲームが前に進みません。

 何が登場するかはランダムなので、ここで偶然の要素が絡んで来ます。私はこの会社を2社買うことになり、会社設立が一歩出遅れます。

基本は1830なのですが、大会社の種になる会社は、最初から30%株券をプレイヤーに与えてくれるので、30%だけ買えば会社が起きます。というわけで、各人大会社の種から順次会社を設立していきます。

 ムーブメントは各人の懐が暖まり、大会社の種がなくても会社が作れるようになってから。ニューヨークに入るべく、いつものニューヨークニューヘブンやニューヨークセントラル、ボストン&オハイオ、ボルチモア&メインといった会社が生まれていきます。

 このゲームでは、4列車が存在せず、3列車の次が5列車、その次がなぜか3+Dという、ドットは大都市に挟まれている分を無限カウント出来、収益は、無限カウントしたドットと、3つの大都市分の2倍になるという列車になってます。そのまた次が6列車になってます。

 その、6列車が登場し、3列車が飛んだ時点で、時間切れとなりました。

Dsc00044
写真は時間切れゲーム終了の時の様子。

サイズ~大鎌戦役~は、4回プレイされ、mon氏3勝、菊蔵氏1勝で終わったそうです。

感想

 1889、小さなマップなので早く終わるかと思ってたのですが、意外と時間が掛かって、4時間を消費しました。
銀行が破産するまでやると、小品とはいえ18XX、時間がそれなりに必要なようです。

 1828は、1830に慣れた熟練者向けに見えます。ゲームとしては面白いギミックもあって楽しいのですが、初心者向きとはお世辞にも言えないでしょう。

 サイズ~大鎌戦役~は、今広島・ゲーム・サービスで人気です。面白いのですが、私はまったく勝った試しがないのです。やっぱ長期計画立てられないのが問題なんだろうなあ。

|

« 2020年2月1日ウィリー家例会報告 | トップページ | 2020年2月8日ウィリー家例会報告 »

コメント

アヴァロン置きって、すでに利用可能なタイルは新たに発生する線路(分岐、交差、または独立)へ乗り込めなくても置き換えられるという、置き換えという観点からはアリアリ。メイフェア置きは本店または支店から他者トークンでブロックされずに一方向に進行できる路線からの分岐または既に置かれているタイルに向かっていって進入できる場合、さらに特例として本支店からの進行方向にある、他社によって封鎖されてしまった都市タイルも置き換えできる、という基本ナシナシだったと覚えています。つまり、分岐交差などで新たに発生した路線が原則本支店から利用可能でなくてはならないのメイフェア置き。

投稿: あゆかわ | 2020年2月24日 (月) 17時37分

宛>あゆかわさん

そうなんですか。なんか感覚で覚えてたんで嘘を書いたかもしれません。
ルールはきっちり読まないといけないですね。

投稿: ウィリー | 2020年2月24日 (月) 19時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020年2月1日ウィリー家例会報告 | トップページ | 2020年2月8日ウィリー家例会報告 »