« 2020年6月14日ウィリー家例会報告 | トップページ | 2020年7月5日ウィリー家例会報告 »

2020年6月30日 (火)

2020年6月28日ウィリー家例会報告

プレイされたゲーム

  • パウルス第6軍(6A)

プレイの内容

 この日、izumoto氏を招いてプレイしたのは、パウルス第6軍。タイトル通り、第6軍の包囲から、救出作戦が最終的に挫折した12月24日までを扱うゲームです。

 移動→戦闘→対応移動→突破移動→補給、を両軍が繰り返すという、あまりひねりはないルールで仕上げてあります。オーバーランとかソ連軍は司令部に補給を依存するとかいうルールが東部戦線らしさを出してます。ドイツ軍の機械化部隊だけZOCtoZOCの移動が可能で、これをどう生かすかがドイツ軍の鍵になるものと思われます。

 izumoto氏ドイツ軍、当方ソ連軍でプレイ開始。

Dsc00095

第1ターン、ソ連軍は、特別ルールの砲兵でルーマニア軍の戦線に戦わずして穴を空けて突破します。攻勢補給を入れればオーバーランも出来るのですが、節約して今回は使用せずに突破します。対するドイツ軍は第6軍の撤退路を保持すべく、スターリングラードからも兵力を抽出して防衛線を張ります。

Dsc00096

第2ターン、ソ連軍はドイツ軍の撤退を阻止しようとあがきますが、ドイツ軍はドン川の南に引き下がってスターリングラードからの撤退路を確保します。そして、……ドイツ軍はスターリングラードを捨てて一路西へ。ヒトラーの死守命令はどうした? と言いたい所ですが、このゲーム、オプションルールを入れない限り、スターリングラードにVP要素はまったくないのです。

Dsc00097

第3ターン、スターリングラード方面軍の方は、撤退抑止を頑張ります。対するドン川北岸の部隊は、撤退阻止からチル川戦線突破へと目標を変えます。チル川戦線で稼いだVPが70点になれば、ソ連軍はサドンデスで勝てるのです。ドイツ軍はスターリングラードからの撤退を続けます。

Dsc00098

第4ターン、ドイツ軍は反撃を開始。紙のように薄くなってたドン川北岸方面のソ連軍戦線を突破し、第5戦車軍の司令部を狙います。ソ連軍は急遽司令部に重ねてた戦車旅団と、北方へ転進中だった戦車軍団を投入して司令部の防衛に当たります。

Dsc00100

ここで時間が来たのでお開きにして、続きはまた後日としました。

感想

 この日はちゃうちゃう氏も顔見せに来られたのですが、ちゃうちゃう氏は観戦武官だけでした。ちょっと悪いことをしたかな、とも思って見たり。

肝心のゲーム本体、izumoto氏に言わせると、研究すればドイツ軍必勝だろうということでした。スターリングラードからの撤退を研究すれば、ほとんど損害を負わずにチル川戦線までたためるはずだというのです。

スターリングラードに籠もると、スターリングラードを軽く包囲して、チル川戦線になだれ込まれる恐れがあるので、たとえスターリングラードの-VP(1ヘクスあたり-10VP)のオプションルールを採用したところで、やっぱりスターリングラードを放棄して撤退するという流れになるのかもしれません。まあ、このあたりはやってみないとわからないのですが。

なんにせよ、今の展開は、ソ連軍のチル川突破が早いか、ドイツ軍の撤退とソ連軍殲滅が早いかの競争にはなってる気がします。

|

« 2020年6月14日ウィリー家例会報告 | トップページ | 2020年7月5日ウィリー家例会報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020年6月14日ウィリー家例会報告 | トップページ | 2020年7月5日ウィリー家例会報告 »