« 2023年2月18日~2月19日KGB合宿報告 | トップページ | 2023年4月2日広島・ゲーム・サービス例会報告 »

2023年3月23日 (木)

2023年3月19日広島・ゲーム・サービス例会報告

プレイされたゲーム

  • Pacific Typhoon(GMT)
  • Paths of Glory(GMT)
  • Scythe
  • Baltimore & Ohio
  • Panzergruppe Guderian(SPI)
  • 主計将校日本語版

プレイの内容

 この日はまず人待ちでプレイしたのはPacific Typhoon。日本軍とアメリカ軍が戦うゲームなのですが、基本は親がバトルカードの山から2枚のバトルカードを引き、自分のやりたい戦いを選んで出し、さらに親が手札の戦力カードを出して、その戦闘に勝つことを目指します。

 その後一巡するまで戦力カードを各人が出すのですが、太平洋戦争ものなので、日本軍と連合軍、両軍がいるのがポイントです。日本軍と連合軍とで戦力を比べて、大きい方が勝利して、その戦いに最も高い戦力を出した人から順にバトルカードかやっつけた敵軍のカードを入手していきます。これを親を交代しながらバトルカードの山がつきるまで繰り返して、最後にVPが一番多い人が勝ちです。

 原爆で本土決戦に勝利(ひでぇ)した私がVPを稼いで勝利しました。

 

 ここで人数がそれなりにそろってきたので、MAT氏とmon氏がPaths of Gloryに、菊蔵氏とコタ氏とizumoto氏がScytheに移行します。

Dsc00676

Paths of Gloryはmon氏がやっぱりMAT氏を教育してたようです。

 マルチ組がScytheをやってたところで、復帰されたパック1号氏が何年かぶりにHGSに参加されます。

 復帰祝いはこちらがしなければならないのですが、パック1号氏の方から手土産を頂きました。パック1号さんのゲームがいろいろ。

Dsc00679Dsc00678

 Ukraine’43の第二版とか、June 6とか、貴重なものもいただきました。

 さて、パック1号氏は絶対にマルチはやらない人なので、パック1号氏と菊蔵氏とizumoto氏とでPanzergruppe Guderianをプレイ開始します。

 PGGは言わずと知れたスモレンスク戦を扱った名作です。プレイは5時近くまで行われ、スモレンスク攻防戦が始まった時点で終わったそうです。

Dsc00681

 さて、マルチ組はここでamano氏とコタ氏と私とでBaltimore & Ohioをプレイします。

Dsc00677

このゲームはキューブが線路扱いの鉄道ゲームです。東海岸からアパラチア山脈の炭鉱地帯を越えてシカゴ付近まで線路を延ばしてお金儲けするゲームです。

 このゲームの特徴は、会社ごとに決まってるキューブの数。少ない会社は本当に少なく、本拠地を除いて4キューブしかない会社もあれば、本拠地を除いて22キューブもある会社もあります。

 もちろんキューブの数が多い会社が有利なのですが、出発地の兼ね合いもあるので難しいのです。

 ゲームは最初炭鉱地帯へ行けるペンシルバニア鉄道、Chesapeake & Ohio鉄道、そしてタイトルにもなっているBaltimore & Ohio鉄道が設立され西の炭鉱地帯を目指します。

 私が経営するChesapeake & Ohio鉄道は、5つある炭鉱の内3つを押さえますが、そのせいで稼げる線路敷設には一歩遅れます。

 amano氏が運営するペンシルバニア鉄道は、配当を止めて列車をアップグレードしていく作戦をとります。コタ氏は逆に配当を一切止めずひたすら配当を続ける戦略をとります。

 結局、このゲームは配当を止めたら負け、という展開になり、コタ氏が勝利しました。

Dsc00680

 ここでコタ氏は仕事で抜け、Paths of Gloryが終わったmon氏と私とでPacific Typhoonをもう一度プレイ。こんどはmon氏が順調にVPを稼いで勝利しました。

 マルチ組は最後に主計将校日本語版をプレイ。amano氏&mon氏が協同でプレイする枢軸軍あいてに連合軍が終始リードして勝利しました。

Dsc00682

感想

 パック1号さん、復帰おめでとうございます。まだ色々あるでしょうが、これからもよろしくお願いします。

さて、Pacific Typhoonは前もやったことがありますが、結構面白いゲームです。人数が多い方が駆け引きがあって楽しそうですが、3人でもそれなりには楽しめました。

 Paths of Gloryはやっぱり教育的プレイになってたようです。mon氏には一日ではない長があるのでMAT氏が勝てないのは仕方ないのですが、本気で気に入ったのならば、自分でも入手されてソロプレイで研究することも検討されてはいかがでしょうか。

 Panzergruppe Guderianは参加者みなさん楽しまれてたようです。

 Baltimore & Ohioは、コタ氏がツボを見抜いて勝利してました。配当を止めずに済むなら配当を止めないのが株式のある鉄道ゲームの基本なのかもしれません。

 主計将校は、mon氏と私がそれなりになれてたのに対して、amano氏が2回目ということもあって、amano氏はまごついてたようです。基本はカードを1枚プレイして補給を判定して山札からカードを引くゲームなのですが、カードの種類は私も覚えきってないぐらいたくさんあるのはともかく、カードの使い方に慣れないとゲームにならない面はあるみたいです。

 

|

« 2023年2月18日~2月19日KGB合宿報告 | トップページ | 2023年4月2日広島・ゲーム・サービス例会報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2023年2月18日~2月19日KGB合宿報告 | トップページ | 2023年4月2日広島・ゲーム・サービス例会報告 »