« 2023年9月 | トップページ | 2023年12月 »

2023年10月11日 (水)

2023年10月8日広島・ゲーム・サービス例会報告

プレイされたゲーム

  • 信長最大の危機(GJ)
  • ウォーチェスト
  • 18NL
  • フレンチタロット
  • ポンジスキーム

プレイの内容

 シミュレーションゲーム組がプレイしたのは、信長最大の危機。コタさんとmonさんが陣営を入れ替えて2戦プレイしました。2戦とも武田が寄り切って反信長方が勝利してました。

Dsc00755

 ユーロゲーム的なゲームでウォーチェストもプレイされてました。菊蔵さんとMATさんがプレイされてました。

Dsc00756

 マルチ組がプレイしたのは、18NL。1830のルールで、オランダを扱ったゲームです。

 特徴的なのは個人企業に「20金で買うけど配当が無い」という会社がある事。なんか貧乏くじにしか見えません。会社に売りつける以外の使い道が思いつかないのです。

 ゲームは無理に会社を設立せず、儲かる会社の株を買っていって自社はキャピタルゲイン勝負に持ち込んでいたDAKさんが勝利してました。

Dsc00753 Dsc00754

 続いて、9月例会からamanoさんがプレイしよう言っていたフレンチタロットをついにプレイ。

 手札を見て、目標点数を取れそうだと思ったプレイヤーと、それを阻止するプレイヤー陣営の2陣営に分かれて戦うトリックテイキングゲームです。

 特徴はタロットと言うだけあって、タロットカードを使ってプレイすること。大アルカナが切り札、小アルカナが普通のカードです。マストフォローなのですが、切り札をフォローするときは必ず「今ある切り札より強い切り札があればそれを出さねばならぬ」というルールがあります。もちろん、無ければ好きなカードが出せます。(そしてそのトリックに負けます)

 実質練習プレイのみでした。ルールは把握出来ましたが、勝ち方が全然わからないゲームです。

Dsc00757

 最後にポンジスキームをプレイ。投資詐欺を働いて実需会社の株を手に入れ、誰かが配当を払えなくなって投資詐欺だとばれた時に、実需会社の株を一番持ってた人が勝ち、というゲームです。

 最初実需会社の株を売りまくってたamanoさんですが、実需会社の株を手に入れ始めてから手持ち資金の雲行きが怪しくなってたらしく、他の人が「えっ?」というタイミングで破産してました。

 勝ったのはタケさんでした。ちなみに、amanoさんが破産してなければ、次のターンに私が破産してました。

Dsc00758

感想

 信長最大の危機。終了チットがなければ信長方有利とはコタさんの言。終了チットで織田方が動けないのに反織田方だけ動いてターンが終わることがあるのが反織田方有利の原因なのだそうです。確かに、反織田方は陣営が多いだけチット数も多いですからね。

 ウォーチェストは良いゲームです。人気なのもわかります。

 18NL。要するに1830です。個人企業はひねくれたのが多いのですが、それをのぞけば、素直な18XXではないでしょうか。

 フレンチタロット、何故かすべてが反時計回りに回るようになってます。だれも目標点数がとれそうにないと思ったら配りなおしなのですが、ある程度偏りが出ないとやっぱり目標得点獲得は難しいと思われます。

 ポンジスキームは、かならず誰かが破産するように出来てるあたりが投資詐欺ゲームですね。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

« 2023年9月 | トップページ | 2023年12月 »