« 2024年1月 | トップページ | 2024年4月 »

2024年2月28日 (水)

2024年2月25日広島・ゲーム・サービス例会報告

プレイされたゲーム

  • 信長最大の危機(GJ)
  • シュプレマシー
  • 18ニューイングランド、北マップ
  • インペリウム(GDW/IED)

プレイの内容

 この日のシミュレーションゲーム組、みしまっとさんとmonさんがプレイしたのは信長最大の危機です。

 信長の第一次朝倉攻めから始まって、信長方と反信長方のどっちかが勝までプレイされる、戦国戦略級ゲームの傑作です。

 Dsc00833

 monさん曰く、「反信長方はチットを自在に操ってる」だそうです。

 実際、信長が3年動けなかったのだとか。

 さて、マルチ組4人がプレイしたのは、シュプレマシーです。

 核の時代に、北米、南米、ソ連、中国、西ヨーロッパ、アフリカの6大勢力が世界征服を目指して戦うという、リスクの核時代版みたいなゲームです。

 ただ、戦力を単純に作ればいいというものではなく、核兵器や対核兵器用衛星兵器を作り、さらに戦闘にも生産にも資源やお金が必要という、いろんな要素のあるゲームです。

 とりあえず10時から11時まで軽く練習プレイを行った後、本番のプレイに突入します。

 私が率いる西ヨーロッパは最初手番の利を生かして資源を売却、潤沢な資金を手に入れます。

 菊蔵さん率いる中国は地道に軍拡に入り、対核兵器用衛星兵器を安価に開発成功させます。対核兵器用衛星兵器は数十枚ある開発の山札に2枚と数が少なく、運が悪いと莫大な開発費を投入しなければならないのですが、なんと2枚目で引いたのです。

 amanoさん率いるアフリカは核開発に手を染めます。対核兵器用衛星兵器は敵よりたくさん持ってれば、戦闘時に追加でさいころが1個振れる通常戦争にもつかえる代物なのなのです。核兵器は落ちればそのエリアを全部焼き払える究極破壊兵器です。しかし、地上に12発落ちたらその時点で核の冬が到来、人類滅亡で全員負けになります。

 タケさんの方は地道に対核兵器用衛星兵器を開発して核の脅威に備えます。

 こうして各国が軍拡を進める中、ゲームを動かしたのはアフリカです。いや、動かさざるを得なくなったと言うべきでしょう。このゲーム、資金が足りないと借金が出来ます。核開発に資金を流し込んだアフリカは借金地獄にはまってしまったのです。どうせ借金で破産してしまうならと、対核兵器用衛星兵器の少ない南米に向けて核ミサイルを発射、南米を放射能の海に沈めて脱落させます。

 しかし、その直後にアフリカは借金の利払いが出来なくなって破産してしまいます。

 この時点で生き残った中国と西ヨーロッパの決戦になるのですが、ここでゲームを打ち切ってVP計算を行いました。

 結果は中国が僅差でVP勝ちを収めて終了しました。

 Dsc00834 Dsc00835

 さて、マルチ組は続いて18ニューイングランドの北マップをプレイします。

 タイトル通り、18XXシリーズの一作です。このゲームの特徴は、個人企業がなくすべて小会社である点です。大会社は小会社が合併するか昇格するかで登場します。

 こちらは、海岸側が儲かると見込んだ私の読みは大外れして、むしろマップ北西部のBタイルが儲かるポイントでした。

 結果マップ北西部の会社を押さえたamanoさんがぶっちりぎりで勝利しました。順位がシュプレマシーの順位の丁度逆だったのはご愛敬。

Dsc00838 Dsc00837 Dsc00836

 シミュレーションゲーム組はインペリウムをセットアップしたところで、撤収時間が来てしまったそうです。

 Dsc00839

感想

 信長最大の危機は楽しくプレイされてたようです。が、信長方が動けずターンが終わっちゃうというのはこのゲームのキモなのですが、信長方にはストレスでしょう。

 シュプレマシーは、世界が核の炎に包まれるのが普通らしいのですが、今回は核開発をみんなが自重し、対核兵器用衛星兵器開発にシフトしてました。そういうプレイも成り立つようです。

 18ニューイングランドの北マップ、私は儲かるポイントが読めませんでした、初期に登場する子会社がランダムに決まるので、ここが儲かるとわかってても、そこが引けるとは限らないのですが。

 インペリウムは……プレイ出来なかったのは残念でした。ただ、このゲームはキャンペーンに醍醐味があるのです。例会で一戦争ずつやって、壮大な歴史を刻むことが出来れば楽しいと思います。

 どこまで続くかは誰にもわかりませんが。

 

| | コメント (0)

2024年2月12日 (月)

2024年2月11日北九州ゲームボーイズ(KGB)、広島・ゲーム・サービス合同ゲーム会報告

前日の呉観光と飲み会の翌日、建国記念の日に、安芸区民センターで、北九州ゲームボーイズ(KGB)と広島・ゲーム・サービスの合同例会がありました。

出席者は北九州ゲームボーイズ組が5名に広島・ゲーム・サービス組が5名でした。

前日の飲み会のダメージがあるかと思ってゲームを広げたところで、KGB組ら宿泊者が到着しました。

Dsc00828

というわけで、こちらは広げたっきりすぐ片付けられました。

プレイは3組に分かれて行われました。

シミュレーションゲーム組の、ゲーマーズ イン 福岡(GIF)会長Nさんとizumotoさんがプレイしたのは、North Africa ’41です。

シモニッチの北アフリカ戦で、表題通り北アフリカ戦を1941年だけ扱います。

当然この日一日ではキャンペーンは終わらないのですが、行けるところまでいくでプレイされてました。

この日の終わり頃、枢軸軍がトブルクを陥落させてたそうです。

あと、菊蔵さんの希望でタイタンがプレイされました。

ホビージャパンのカタログではタイタンの掟と言われてたあれです。

Dsc00829

プレイは30分コースで即タイタンをぶつけ合ったところ勝負がつかず、お互い強化し合ってからの戦いになってたそうです。

さて、のこり6人がまずプレイしたのはインペリアルです。死の商人の投資家になって第一次世界大戦でいかにお金儲けするかが鍵のゲームです。

持ち主のamanoさんがインスト勝ち、勝因は国を持たなくなったことで、投資家フェイズに毎回株を買えたことでした。

このゲーム、支配国がなくなる方が投資家フェイズに毎回株が買えて有利になるようです。

Dsc00830

続いて6人でプレイしたのが、Here I Standです。

宗教改革時代のヨーロッパの覇権を賭けて戦うゲームです。

宗教改革時代なので、新教とカソリックの信者獲得競争は当然ゲームに入ってます。

オスマン帝国は虎視眈々とヨーロッパを狙う一方、ハプスブルク家や英仏は新大陸も狙います。

ゲームは、「あたらねー」という腐ったサイの目でみんな一喜一憂します。

そんな中、最初に勝利へ王手を掛けたのはフランス。英仏戦争に勝利して、あと1つキースペースを取れば軍事的勝利までこぎ着けますが、最後の一個ヨークを取り損ねます。

当然イギリスは和を請い、フランスは勝利しそこねます。

新教徒は聖書を翻訳して新教をドイツ、フランス、イギリスへ広げます。

対する教皇は、なぜかイタリアの軍事的支配に走ります。結果として新教はどんどん広がって行きます。

ハプスブルク家はヨーロッパの騒乱を他所に主力を新大陸征服に回します。

が、勝負を決めたのはオスマン帝国でした。

ウィーン陥落後、海軍をアドリア海に回してヴェネチアを攻略、さらにラヴェンナを落として、あと1つキースペースを落とせば軍事的勝利までこぎつけます。

ここで時間切れとなりましたが、おそらく握り締めてたカードを使えばフィレンツェを落として勝利してたでしょう。

Dsc00831

最後に反省会をやる予定でしたが、色々と都合があってこちらはお流れになりました。

二日間、北九州ゲームボーイズの皆さん、お疲れ様でした。

七月の北九州ゲームボーイズ(KGB)合宿での18人メガシヴィライゼーションも楽しみにしてます。

 

 

| | コメント (0)

2024年2月10日、北九州ゲームボーイズ(KGB)来訪記念、呉観光報告

この日は、北九州ゲームボーイズ(KGB)のメンバー5人が広島に来られました。

翌11日はゲーム会でしたが、この日は呉観光ということで、鉄のくじら館、呉観光クルーズ、大和ミュージアムに行ってきました。

鉄のくじら館は入場無料の海上自衛隊の博物館です。

売りは実物の潜水艦内部を見る事が出来るという事ですが、潜水艦以外にも海上自衛隊の歴史の展示があります。

1フロアが機雷の話になっているあたり、海上自衛隊の歴史は掃海の歴史だったのかと思わされます。

Dsc00774

写真は鉄のくじら、鉄のくじら内は撮影禁止でした。

広島のお好み焼きを食べた後、呉館ここクルーズに出発しました。

呉観光クルーズは、呉の海上自衛隊の港を海から見る事が出来るものです。

海上自衛隊の船を色々見ることができる、monさんお勧めの観光コースです。

この日は三連休の初日だったこともあり、観光クルーズは大人気で、monさんが30分前にチケットを買って14:00の船は満席になってました。

Dsc00787

私が座った席は真ん中の方だったので、どの写真にも人が写り込んでます。

写真正面に見えるおじさんが、観光ガイドの人です。

Dsc00796 

観光クルーズでは、このくらいの距離から船を見る事が出来ます。

Dsc00799

呉なので、潜水艦も停泊してます。人の頭ばかりが目立って申し訳ないのですが。

さて、呉観光クルーズが終わったら、大和ミュージアムの観光です。

この日は、日本の空母展が特別展示されてました。

大和ミュージアムと言えば、10分の1スケールの大和の模型です。

Dsc00775_20240212111201

いつの時期の大和を模したものかは確認し忘れましたが、10分の1とはいえ迫力は満点です。

大和ミュージアムといいつつ、大和だけではなく日本海軍の歴史や呉の歴史、船のお話も展示されてます。

Dsc00817

写真は展示品の一つ零戦です。

当然のことながら、展示品は手を触れないようにと全部に書いてありました。

大和ミュージアムの外には、戦艦陸奥の遺品も展示されてます。

Dsc00824

写真は戦艦陸奥の主砲です。

他にも、陸奥の主舵やスクリューが展示されてます。

呉観光が終わったなら、広島駅前に行っての飲み会がありました。

なぜか我々年代直撃の曲が流れてました。

手品師が飛び入りでやってきたり、爆弾発言が飛び出したりと楽しい飲み会でした。

翌日はゲーム会でしたが、そのお話はまた項目を改めます。

 

 

 

| | コメント (0)

« 2024年1月 | トップページ | 2024年4月 »